連載「眼病平癒のエビデンス」第15回

若年層に急増する「スマホ老眼」とは? ブルーライトの画面を見続ける「過矯正」と共通点も

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンはコンピュータよりも調節力に及ぼす負担は大きい

 朝から長時間コンピュータを使用し、昼休みや仕事が終わってからも通勤電車の中でもスマートフォンを見続けていると、調節力に支障がきたすことになるわけです。スマートフォンは通常のコンピュータよりも画面も文字も小さいので、調節力に及ぼす負担は大きいと言えます。

 スマホ老眼は、年齢に関係なく若い人でも近くが見えにくくなる現象ですが、以前にこの連載で書いた「過矯正」の話(よく見えるメガネが良いとは限らない! 長時間コンピュータを使い続けた後の目の疲れは「過矯正」が原因!?)http://healthpress.jp/2015/04/post-1722.htmlとも共通点が多くあります。

 朝からコンピュータやスマートフォンを長時間使用していると、夕方に視力が低下した状態になることがありますが、そのような人の中には、メガネやコンタクトレンズが「過矯正」の方が多く見られます。

 対策として、スマートフォンを長時間見続けないこと、休憩を入れることが求められます。また、メガネやコンタクトレンズをご使用の方は、少し軽い度にすることで、近くを見る時に水晶体があまり膨らまなくてもよくなるので、見やすくなることがあるでしょう。

 また、スマートフォンの設定も少し見直しをしてみてください。画面が明るすぎたり、暗すぎたり、文字が小さすぎると疲れやすくなります。

 さらに、スマートフォンは発光体であるため、スマートフォンの画面からは目に悪いとされるブルーライトが多く放射されています。医学的には、まだ不明な点も多々ありますが、長時間浴びないようにするほうが良いでしょう。

 目に良いとされる様々なサプリメントも発売されていますが、まずはバランスの取れた食生活に心がけることが重要です。さらに、調節力をリラックスさせる訓練なども紹介されていますが、効果は個人差が大きいことを承知のうえで行ってください。

連載「眼病平癒のエビデンス」のバックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子