連載「グローバリズムと日本の医療」第13回

火傷にはハチミツを塗れ? 百日咳にはニンニクが効く? 世界の代替医療を科学で斬る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
369221939.jpg

科学的な近代医学には限界が?(shutterstock.com)

 科学が発達していなかった太古の昔から、人間は疾病に悩まされ続けてきた。しかし、単に自然のなすがままになっていたわけではなく、さまざまな知恵や経験を活かして、世界各地で民間療法(代替医療)が発達していった。

 科学的・分析的な近代医学の限界を指摘する同志社大学の服部伸教授は、代替医療を「時には霊の⼒を援⽤しながら、患者の⼼⾝全体の調和を取り戻そうとする医療」と定義づけている。

 代替医療には、中国医学や漢⽅医学、インドのアーユルヴェーダなどが含まれる。全く非科学的なものもあれば、ある程度の効用が科学的に立証されているものもある。また、科学的に安全性や有効性が確証されれば、一部の漢方薬のように通常医療に組み込まれることもある。最近では、通常医療を代替するものではなく、補完するという考え方に変化している。

 米国保健福祉省公衆衛生局(PHS)の管轄下にあり、同国で最も古い医学研究機関である米国立衛生研究所(NIH)に属する米国立補完統合衛生センター(NCCIH)は、症状のマネジメントのために「補完的健康アプローチ」という用語を用いている。

 また世界保健機関(WHO)も、2000年に発表した「伝統医療の研究・評価の方法論の一般的ガイドライン」において、「該当国の伝統に基づいており、かつ主流の医療制度に統合さらえていない医療技法」と補完・代替医療を定義づけている。

 NCCIHが提唱する補完的健康アプローチには、2つのグループがある。薬草(生薬やハーブなど)を使った製品やビタミン・ミネラルなどのサプリメントなどを総称した「天然物」と、鍼、瞑想、マッサージ、カイロプラクティック、太極拳などを総称した「心身療法」である。

 次に世界のさまざまな地域で行われている「天然物」を使った補完的健康アプローチを紹介しよう。

杉田米行(すぎた・よねゆき)

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコンシン大学マディソン校大学院歴史学研究科修了(Ph.D.)。専門分野は国際関係と日米医療保険制度。

杉田米行の記事一覧

杉田米行
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇