「できる人」の労働と睡眠時間にヒミツ~40歳を超えたら「週40時間」を「週25時間」労働に!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
worklifebalance.jpg

<できる人>は「週25時間労働」?(shutterstock.com)

 政府は、ワーク・ライフ・バランスの観点から、国家公務員の働き方改革の一環として、夕方には仕事を終える「ゆう活」を提唱している。

 日照時間が長い夏に、早めに仕事を切り上げて、生活を豊かにしよう、という取り組みだ。夕方に終えるといっても、労働時間が短くなるわけではない。朝早めの出勤に前倒しする、リフレックスタイム制である。

 内閣人事局によると、霞が関で働く職員、約4万5000人のうち、「ゆう活」にのっとり出勤時間を早め、夕方までに退庁できたのは約1万8000人。昨年より3000人近く増えているという。

 実働時間が変わらなくても、働き方次第で人は「QOL(生活の質)」の向上を感じられるものなのだ。

 さらに実働時間が短縮できれば、私たちは、もっとQOLを向上できるようだ。

 オーストラリアのメルボルン応用経済社会研究所の発表によると、40歳を超えると、週25時間以上の労働は、疲労感や心身のストレスを引き起こしやすくなるという。

 同研究所は、40歳以上の6000人以上の労働者について、労働時間が認知機能に及ぼす影響を調査した。その結果、もっとも適した労働時間は、週25時間以下だったのだ。残念ながら、パートタイムやアルバイトでなければ実現できない短さだが。

 同研究チームのリーダーであり、慶応義塾大学で教鞭を執るコリン・マッケンジー教授は、「中高年の労働者にとって、働くことは、脳の活性化や、認知機能の再構築に良い」としつつ、「(40歳を過ぎたら)脳は、使うか失うかだ」とも述べている。

 働き過ぎが、脳の働きにダメージを及ぼすのは、容易に想像できる。だが、なぜ40歳なのか、そして25時間なのか。

ストレス過多を避けたい40歳の壁

 「40歳の壁」は、マッケンジー教授によれば老化に伴う知能の低下が関係するという。

 知能は、心理学的には「流動性知能」と「結晶性知能」の2つに大きく分けられる。

 流動性知能とは、柔軟な思考能力といえるもので、新しい環境下で、「どうすればいいか」と考える能力である。この知能のピークは、20歳前後とされている。

 結晶性知能とは、技術や知識、経験によって得られる固定的な知能だ。これは、30歳を過ぎると、低下し始めるとされる。

 大半の人が、40歳を迎える頃には、そのどちらの知能も明らかに低下し、記憶力や情報処理能力、頭の回転の速さも衰えてしまうという。

 しかし、世界的に退職年齢が伸びている昨今、40歳は働き盛りのピーク。しかも、上司と部下の狭間で、いわばサンドイッチ状態。生物学的にも精神的にも、もうタフではない年齢がゆえに、ストレスもピークだ。

 神経学的に、ストレスが認知機能に影響を及ぼすことは広く知られている。ステロイドホルモンやコルチゾールなどのストレスホルモンを通じて、短期記憶、集中力、抑制、合理的思考などを低下させるのだ。

 40歳を超えると、プライベートでも親の介護と子育てに挟まれる可能性が高く、公私ともに、サンドイッチ世代だ。40歳という年齢が、そろそろ働き方をゆるめよう、というターニングポイントであることは、心しておくべきだろう。

血糖値を手軽に<見える化>~パン・肉まん・カレーライスを食べると血糖値が……
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」後編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長に、2 回にわたって訊いた。今回はその後編をお届けする。

Doctors Select

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫