「できる人」の労働と睡眠時間にヒミツ~40歳を超えたら「週40時間」を「週25時間」労働に!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
worklifebalance.jpg

<できる人>は「週25時間労働」?(shutterstock.com)

 政府は、ワーク・ライフ・バランスの観点から、国家公務員の働き方改革の一環として、夕方には仕事を終える「ゆう活」を提唱している。

 日照時間が長い夏に、早めに仕事を切り上げて、生活を豊かにしよう、という取り組みだ。夕方に終えるといっても、労働時間が短くなるわけではない。朝早めの出勤に前倒しする、リフレックスタイム制である。

 内閣人事局によると、霞が関で働く職員、約4万5000人のうち、「ゆう活」にのっとり出勤時間を早め、夕方までに退庁できたのは約1万8000人。昨年より3000人近く増えているという。

 実働時間が変わらなくても、働き方次第で人は「QOL(生活の質)」の向上を感じられるものなのだ。

 さらに実働時間が短縮できれば、私たちは、もっとQOLを向上できるようだ。

 オーストラリアのメルボルン応用経済社会研究所の発表によると、40歳を超えると、週25時間以上の労働は、疲労感や心身のストレスを引き起こしやすくなるという。

 同研究所は、40歳以上の6000人以上の労働者について、労働時間が認知機能に及ぼす影響を調査した。その結果、もっとも適した労働時間は、週25時間以下だったのだ。残念ながら、パートタイムやアルバイトでなければ実現できない短さだが。

 同研究チームのリーダーであり、慶応義塾大学で教鞭を執るコリン・マッケンジー教授は、「中高年の労働者にとって、働くことは、脳の活性化や、認知機能の再構築に良い」としつつ、「(40歳を過ぎたら)脳は、使うか失うかだ」とも述べている。

 働き過ぎが、脳の働きにダメージを及ぼすのは、容易に想像できる。だが、なぜ40歳なのか、そして25時間なのか。

ストレス過多を避けたい40歳の壁

 「40歳の壁」は、マッケンジー教授によれば老化に伴う知能の低下が関係するという。

 知能は、心理学的には「流動性知能」と「結晶性知能」の2つに大きく分けられる。

 流動性知能とは、柔軟な思考能力といえるもので、新しい環境下で、「どうすればいいか」と考える能力である。この知能のピークは、20歳前後とされている。

 結晶性知能とは、技術や知識、経験によって得られる固定的な知能だ。これは、30歳を過ぎると、低下し始めるとされる。

 大半の人が、40歳を迎える頃には、そのどちらの知能も明らかに低下し、記憶力や情報処理能力、頭の回転の速さも衰えてしまうという。

 しかし、世界的に退職年齢が伸びている昨今、40歳は働き盛りのピーク。しかも、上司と部下の狭間で、いわばサンドイッチ状態。生物学的にも精神的にも、もうタフではない年齢がゆえに、ストレスもピークだ。

 神経学的に、ストレスが認知機能に影響を及ぼすことは広く知られている。ステロイドホルモンやコルチゾールなどのストレスホルモンを通じて、短期記憶、集中力、抑制、合理的思考などを低下させるのだ。

 40歳を超えると、プライベートでも親の介護と子育てに挟まれる可能性が高く、公私ともに、サンドイッチ世代だ。40歳という年齢が、そろそろ働き方をゆるめよう、というターニングポイントであることは、心しておくべきだろう。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純