連載「救急医療24時。こんな患者さんがやってきた!」第1回

大暴れの患者が「ある薬」で瞬く間に沈静!? 意外に知られていない低血糖による“不穏”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不穏の原因は低血糖だった

 この男性に注射した「ある薬」とは、正確には薬ではない。ブドウ糖である。そう、この男性は低血糖で不穏状態になったのだ。インスリン注射薬などを常用している糖尿病患者にとって、最も恐ろしい副作用は低血糖だ。その状態が長時間続くと、死亡する危険さえある。

 低血糖のためにERに運び込まれる患者は珍しくない。しかし、糖尿病の持病があるという情報がERドクターに入ってくればいいのだが、患者の意識がなかったり、家族がそのことを知らなかったり、誰も付き添いがいない場合も珍しくない。

 糖尿病治療薬で最も頻度が高い副作用の症状は意識障害、さらに不穏(意識障害の一種)、片麻痺、言語障害(呂律困難)、痙攣、失神などが見られる。

 主症状が片麻痺や言語障害の場合は、脳卒中とまったく同じ症状のため誤診されるケースも少なくない。鑑別診断を知らなければ診断がつかず、治療が遅れることもある。

 血糖の簡易検査ができないERはないだろう。さらには血ガスでも血糖検査ができる。血糖の簡易検査であれば通常5~10秒、血ガスでも1~2分あれば結果が出る。低血糖を疑いさえすれば、ERでの血糖検査はできるはずだ。

意外に知られていない低血糖で起こる不穏や片麻痺・言語障害

 医療従事者の中には、低血糖で不穏になったり、片麻痺や言語障害などの脳の局所症状が引き起こされることを知らない者も多い。

 低血糖で脳の局所症状が起こるメカニズムは、左右の大脳半球で血糖に対する閾値が違うことに起因する。つまり、血糖に対する閾値が優位半球(言語中枢がある側)と劣位半球で違うため、同じ血糖値でも優位半球から症状が出やすくなる。

 そのため、一気に血糖が下がった場合は意識障害になるが、ある程度ゆっくり血糖が下がった場合は優位半球の症状が先に出現する。

 日本人のほとんどが脳の左側が優位半球であるため、片麻痺は身体の右側に出る。また、意識障害も片麻痺もなく、わずかな言語障害だけが見られる場合には、低血糖であるケースもある。

 いずれにしても、上記のような症状が見られた場合は、必ず血糖検査をすべきである。血糖検査は数分以内に結果が出るので、低血糖の除外・診断はERでも迅速に行える。

 今回は、不穏状態になった患者が「ブドウ糖」で劇的に改善し、まったく元どおりになったケースについて紹介した。もし、一般の人がこの改善状況を目の当たりにしたら、非常に驚くであろう。もちろんすべての病気でこのようにうまくいけばいいのだが、なかなかそうはいかないことも特記しておこう。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子