英国で記憶力の低下を防ぐココア「MemoMax」が発売〜カカオ豆の「フラバノール」がいい仕事!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

どんなココアでもいいわけではない

 ただし、どんなココアでも記憶力が向上するかというと、そういうわけではない。

 通常の製法だと、カカオから製品を作る過程で、発酵や焙煎などの処理により90%以上のフラバノールが除去されてしまう。つまり、十分なフラバノールを摂取するには、大量のココアを飲まなくてはならないことになる。

 そのため、上記の2件の試験では、「ミルキーウェイ」や「スニッカーズ」などのチョコレート菓子の製造で有名なMars社の提供する特別なココアが用いられた。Mars社はカカオ豆からフラバノールを抽出する技術の特許を所有しており、上記研究の資金も一部拠出している。

 今回発売されるメモマックスにも、こうした技術が使われているようだ。開発に携わったアンドリュー・パーキンソン氏はこう説明している。

 「フラバノールを通常よりも多少多く含んだカカオ豆を使用していますが、何よりも加工の過程で大きな違いが生じるのです」「我々はフラバノールを失わずにココアに出来る独特の手法を持った会社を見つけたのです。その会社はその手法を公表していません。その件に関しては厳重に保護されています」。

 このココアについて現在公表されているエビデンスは、上記の小規模な研究によって得られたものである。はたして本当に記憶力の低下に悩む人々の救世主になるのか、今後の展開が注目される。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子