酒を飲んでも飲まれるな! 社会的な成功者、健康な人ほど過剰飲酒に陥りやすい!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
alcohol.jpg

人生を狂わせる過剰飲酒になる人とは? Fotovika/PIXTA(ピクスタ)

 「酒を飲んでも飲まれるな」とはよく言ったものだが、酒の上でのトラブルは古今東西で枚挙に暇がない。一般的に、名声を得た社会的な成功者や著名人など、分別をわきまえた人は、そのようなトラブルとは縁がないと思いがちだ。だからこそ、そんな人が飲酒に関係した事件やトラブルを起こすとニュースにもなる。

 飲酒に絡んだ失敗が、その後の人生を狂わせるケースも少なくない。

 たとえば、中川昭一元財務相は2009年、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の閉幕後、もうろうとなった状態で会見。会見前の飲酒が批判されて大臣を辞任、同年の総選挙で落選。さらに同年10月、酒と睡眠薬の悪作用で就寝中に急死した。

 中川氏は、自他ともに認める大の酒好きだったが、政界で重要なポストにつくにつれて、酒癖のリスクを注意されることが増えた。しばしば禁酒・断酒を宣言したが、長続きしなかったという。

 国会議員では、民主党の後藤祐一・衆議院議員も今年6月3日未明、泥酔してタクシー運転手とトラブルに。後藤氏自身は、転倒し頭を打つなどの全治1週間のケガを負った。

学歴の高さ、健康状態の良好さがリスクに

 先日、過剰な飲酒のリスクについてある研究結果が、『BMJ Open』(7月23日オンライン版)に掲載された。高収入な中高齢者、いわゆる「成功者」に過剰な飲酒のリスクが高いというものだ。

 英国の慈善機関「Age UK」のホセ・イパルラギレ氏率いる研究チームによると、「中流階級の現象」として、「健康状態が良好で、十分な収入があり、学歴も高く、社会的に活発な人は、有害なレベルの飲酒をする確率が高い」という。

 今回の研究は、イングランドに居住する9000人以上(50歳以上)を対象に、2008~2009年と2010~2011年の2回に分けて実施。ビール1杯(約1パイント=568ml)、またはワイン小グラス1杯を、アルコールの単位として調査を行った。

 男性では週11~25杯、女性では週7.5~17.5杯の飲酒があれば、問題飲酒のリスクが「増えつつある」とされた。さらに、男性で週50杯、女性で35杯を超えていれば、リスクが「高い」群とみなされた。

 その結果、学歴の高さ、健康状態の良好さが、いずれも男女ともにリスクファクターになっていることが判明した。成功している中高齢者の隠れた健康面・社会面の問題だと、研究グループは指摘している。

 今回の研究発表を受けて、シルバー・ヒル病院(米・コネチカット州)のエリック・コリンズ氏は、「豊かな暮らしが問題飲酒のリスクを高める理由として、財政面で十分に酒類を買う余裕があり、なおかつ、飲酒するだけの余暇の時間が豊富にある」という知見を述べている。また、健康に不安がない人は、過剰に飲酒しても自分は大丈夫だと考えている、とも同氏は説明している。

 これは、イギリスやアメリカに限った話ではない。

日本でも高所得者ほど、健康で飲酒習慣は上昇

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛