俳優・松方弘樹は「脳リンパ腫」だった〜罹患率は10万人に1人、抗がん剤治療や放射線治療で闘病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「頑張るしかない! 1日も早く脳リンパ腫を乗り越えたい!」

 さて、松方さんと言えば、「父は俳優の近衛十四郎、母は女優の水川八重子、弟は俳優の目黒祐樹」という筋金入りのサラブレッド。明治大学中野高校3年生だった1960年に東映に入り、『十七歳の逆襲 暴力をぶっ潰せ』(日高繁明・監督)で主演デビューを飾った若武者だ。

 半世紀以上にわたって、男っぷりのよさで東映の時代劇や任侠映画で大暴れ。日本テレビ系『天才・たけしの元気が出るテレビ』などのバラエティー番組でも超人気者に。知る人ぞ知る釣りの名人でもある。昨年5月には、「萩クロマグロトーナメント」で自己最高を10kgも更新する361kgの巨大クロマグロを釣り上げた。

 主治医から告知を受けた松方さんは、「先生を信頼して、おっしゃることを守り、頑張るしかない。1日も早く病を乗り越え、元気な姿をお見せしたい!」と闘病に意欲を見せている。6月から上演予定の主演舞台『遠山の金さんと女ねずみ』をはじめ、TV番組や歌の公演は、すべてキャンセルずみだ。今秋からのカムバックをめざして、治療と療養に専念するという。

 俳優のキャリアも釣果のレコードも大胆で男性的だ。73歳はまだまだ若い。1日も早くカムバックして、元気な笑顔を見せてほしい!
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇