歩いているときに“膝カックン”……「膝折れ」での転倒・骨折の予防は、筋肉の感覚を“覚えさせる”こと

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3894-2.jpg

「膝折れ」による転倒を防ぐには?(shutterstock.com)

 歩いている時に膝が“ガクッ”と折れてしまったという経験をしたことはないだろうか? この「膝折れ」という現象は、バランスを崩して転倒を招くこともある。

 先日、膝折れが転倒リスクやさらなるケガを招く非常に重要な要素となることが報告された。

 アメリカの科学雑誌『Arthritis Care & Research』(2016年2月号)で発表された「Symptoms of Knee Instability are Risk Factors for Recurrent Fall」というタイトルの論文だ。日本語に訳すと「膝の不安定性は転倒リスクになりうる」。

 この論文では、1800人を超える「変形性膝関節症」を発症している高齢者を対象にして、膝関節の不安定(膝折れ現象)がどの程度起こるかを調査。さらに、その膝折れが起こった対象者の転倒リスクを調べている。

 その結果、膝折れで転倒した対象者はその後(2年間)、転倒が再発するリスクが4倍以上、転倒により重度の受傷を生じるリスクが2倍、転倒関連の損傷により活動が制限されるリスクは3倍、平衡感覚の問題を生じるリスクは4倍になるなど、さまさまな事実が明らかになったという。

 膝折れは、転倒リスクやさらなるケガを招く非常に重要な要素となることをを改めて紹介している。

“膝を守る”大事な筋肉を知っている?

 なぜ膝折れは起こるのか? 膝折れを防ぐために使われている重要な筋肉は「大腿四頭筋」である。私たちの太ももの前面を覆っている大きな筋肉だ。この筋肉は、主に膝を伸ばす時に働く。

 もし、あなたが椅子に座っているなら、そのまま膝を伸ばすように動いてみてほしい。その時に太ももの前面を触ると筋肉が硬くなっているのを確認できるだろう。それは、その大腿四頭筋を使っている証拠なのだ。

 この「膝を伸ばす動作」のほかに重要な役割が、歩いてる最中の膝の制御である。大腿四頭筋(正確には他の筋肉も当然使っている)が、歩いている最中に適切に収縮してくれているからこそ、私たちは身体を支え、膝折れが起きずに歩くことができる。

 だが、その大腿四頭筋の筋肉が弱っていたり、うまく働かないと「膝折れ」が起こる。その結果、膝を痛めてしまったり転倒してしまったりするのだ。つまり、この大腿四頭筋が“膝を守る”大事な筋肉なのだ。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇