シリーズ「冬こそ注意したいちょっとした病気の兆し」第5回

冬に大流行のノロウイルス対策は? 危険なのは二枚貝だけでなく感染者の吐瀉物なども

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノロウイルスに感染すると、吐き気、嘔吐、腹痛などの症状があり、潜伏期は1~2日。通常は、2~3日で改善し、軽症で終わることが多い。だが、乳幼児や高齢者、免疫力の低下した人は注意したい。症状が消失しても、約1週間は糞便中に検出されるからだ。迅速検査キットによる便検査は、3歳未満と65歳以上、免疫力の低下した人(臓器移植後や悪性腫瘍のある人など)を対象に、2012年4月から保険適応になっている。

 治療法は、抗ウイルス剤やワクチンはないため、主に脱水予防などの対症療法しかない。水分補給を十分にして安静にするが、食事ができない時は、食塩とブドウ糖を混合して水に溶かした経口補水液を飲ませる。12時間以上、排尿しない場合は、脱水症状の治療が必要なので、病院で点滴を受けなければならない。

 感染予防は、まず手洗いの励行だ。 調理の後や二枚貝を取り扱った後、またトイレの後などは十分に手を洗う。石鹸と流水で洗えば、付着したノロウイルスを皮脂と共に洗い流せる。感染予防には手洗いが最も有効だ。

 次に、食品の加熱。85℃以上、1分以上の加熱をすれば、感染力は失活する。調理器具は洗剤を用いて丁寧に洗浄し、家庭用塩素系漂白剤(ハイタ−、ブリーチなど)で浸すように拭くと効果がある。

 吐瀉物と糞便の処理は慎重に。吐瀉物や糞便は、決して素手で触らず、使い捨ての手袋を利用して処理する。残滓は、家庭用塩素系漂白剤で十分にふき取り、ビニール袋に密封して燃えるゴミとして処分する。

 ノロウイルス感染は予防が大切だ。一旦発症すると、次々に感染者が芋づる式に急増する。保育所、介護施設、病院など、乳幼児、高齢者、免疫力の低下した人が集まる場所は、感染が広がりやすいので、特に注意したい。吐き気、嘔吐、腹痛を伴った症状や脱水症状の兆候などがあれば、すぐに医療機関で診断を受けてほしい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆