上沼恵美子も「生牡蠣」にあたり死を覚悟!? 急性ウイルス性肝炎の恐怖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2142162-2.jpg

生牡蠣が美味しい季節だが……(shutterstock.com)

 いよいよ牡蠣(真牡蠣)が美味しいシーズンがやってくる。その旬は、産卵を終えた11月頃から始まり、産卵の準備に入る3~4月になると最も濃厚でクリーミーな味わいになるという。英語圏では5月(May)や8月(August)など、「R」の付かない月(5~8月)には牡蠣を食べてはいけないと言われるほど。ただし、これは真牡蠣の場合で、岩牡蠣は6~8月が旬とされている。

 さて、どんな牡蠣好きであろいうと、「生食」の際は少なからずビクビクしてしまうものだ。そして、一度でも「あたった」経験がある人は、その筆舌に尽くしがたい苦しみのために、「二度と食すものか!」となるはず。なかでも気をつけたいのが、ウイルス性肝炎だ。

上沼恵美子も「死を覚悟」したウイルス性肝炎とは?

 昨年2月、タレントの上沼恵美子が急性A型ウイルス性肝炎で、大阪府内の病院に緊急入院した。どうやら1ヶ月ほど前に食べた生牡蠣があたったらしい。黄疸で顔が真っ黄色になり、肝臓の数値が正常値の2倍にまで上昇。2週間ほどで無事に退院し、3月からは元気に仕事に復帰したが、「変な話なんですけど、『死に支度』をしようと思いました」と話すほど、容体は深刻だったという。毒舌や辛辣なアイロニーや言動が物議を醸す「西の女帝」も、ウイルスの毒気に一本取られたようだ。

 上沼が襲われたウイルス性肝炎とは何か? 肝臓は、2000種類もの酵素を使って、物質の代謝、解毒、胆汁の生成、栄養の貯蔵のために休みなく働きながら、体のホメオスタシス(恒常性)を保っている、まさに肝心かなめの臓器だ。万が一、障害を受けても、予備力や復元力が強いため、自覚症状が現れにくい。沈黙の臓器といわれる所以だ。

 肝炎は、ウイルス、アルコール、薬剤などが原因で肝臓に炎症が起こり、発熱、黄疸、全身の倦怠感などの症状が出る肝臓病だ。ウイルス性肝炎は、肝臓が肝炎ウイルスに感染し、肝機能障害を起こす肝臓病で、日本人が罹る肝炎のおよそ80%を占める。

 ウイルス性肝炎は、感染するウイルスの種類によって、A型、B型、C型、D型、E型、G型、TT型などに分けられる。日本人は、B型肝炎(患者数約150万)とC型肝炎(患者数約150万~200万人)が多い。

生水や魚介類から発症するA型肝炎!

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆