シリーズ「恐ろしい飲酒習慣」第6回

酒の飲み過ぎで危険なのは肝臓だけではない! 膵臓・胃腸・心臓に及ぼすリスクの実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 慢性膵炎や糖尿病が恐いのは、膵臓がんの強いリスクファクターになることだ。厚労省の『2013年人口動態統計』によれば、膵臓がんの死亡者数は、3万672人。がんの総死亡者数36万487人の8.5%を占め、肺がん、胃がん、大腸がんに次ぐ第4位。とくに40歳代以降の増加が著しい。

 膵臓がんの主因は、酒の飲み過ぎ、喫煙、肥満などの生活習慣だが、とくにヘビースモーカーの発症率は、非喫煙者の2〜3倍。また、患者の約17%は糖尿病を併発している。進行すると、みぞおちから左上腹部にかけての激痛、背部の痛み、吐き気、嘔吐、食欲低下、倦怠感、体重減少、高熱、下痢、黄疸などを伴う。だが、初期は自覚症状が少なく、転移や進行が早いため発見が遅れ、発見後2年以内に死亡するケースが多い。

 さらに酒の飲み過ぎは、肝臓、膵臓だけではなく、胃腸などの消化器系や心臓などの循環器系にも悪影響を及ぼす。

 たとえば、胃粘膜のびらんや出血が起きる急性胃炎、胃酸・胆汁酸・すい液が胃から食道に逆流する胃食道逆流症をはじめ、食道と胃の境目の粘膜が裂けて大量出血するマロリーワイス症候群、食道の粘膜下層の静脈が破裂する食道静脈瘤、急性の潰瘍や胃炎などが起きる急性胃粘膜病変、食後や空腹時の腹痛や出血がある胃・十二指腸潰瘍、腸から肝臓へ流れる門脈が詰まる門脈圧亢進性胃炎のほか、下痢、栄養障害、痔核(いぼ痔)などを誘発する。

 さらに、心臓などの循環器系では、心筋の収縮が阻害されるアルコール性心筋症をはじめ、心筋梗塞、心不全高血圧脳梗塞、脳出血、不整脈、末梢血管障害などを発症する。

 このように、過剰飲酒がもたらす病変や病態は、肝臓・膵臓・胃腸の消化器系、心臓の循環器系から全身の組織に及び、想像を絶する甚大なダメージをもたらす。長期間・多量の飲酒習慣は、百害あって一利なし。文字通り、万病の元なのだ。
(文=編集部)

参考:「おもしろサイエンス お酒の科学」(日刊工業新聞)、国立がん研究センターHP、e-ヘルスネットHP(厚労省)、「からだのしくみ辞典」(日本実業出版社)、「アルコールと健康NEWS&REPORTS」(アルコール健康医学協会)、独立行政法人酒類総合研究所HP

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇