その腰痛は危険なシグナル? 大動脈破裂胸腔内出血で亡くなった阿藤快さんも訴えた痛みとは

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もちろん、まずは医療機関を受診することだが、自分でおおよそ予想できるのは、「腰の痛みが動作と関係なく起こる」か。

 たとえば、「曲げる」「反る」などの動作に関連せず、不規則に痛むが起きる。安静にしていても痛い、夜間時に痛む、痛みの種類がいつも違う(ジンジンするような痛み、だんだんと強くなってくる)、発熱や炎症などを伴う、など。これらは目安になるだろう。

 このような痛みの特徴があれば、深刻な内臓疾患が潜んでいる可能性がある。何かいつもと違う痛みを感じたら、速やかに医療機関を受診することをお勧めする。
(文=編集部、監修=三木貴弘)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆