今までにない痛みは我慢しない! 鎮痛薬でやり過ごした結果、緊急手術に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
itami.jpg

体の痛みは"大事なサイン"vantherra/PIXTA(ピクスタ)

 「特定健診」、いわゆる「メタボ健診」は、生活習慣病などの予防を目的に2008年から始まった。40歳以上の人が、年に1度無料で受診できる。気になる数値を見るのが怖くて、敬遠気味の人はいないだろうか。

 メタボリックシンドロームは、さまざまな病気を引き起こす。最も怖いのは、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心臓疾患。直接命に関わる病気だ。

 日本人の死亡原因の3大疾患のひとつで、平成25年には19万6547人が心疾患で亡くなっており、死因の割合の15.5%を占めている(平成25年人口動態統計年報の概況/厚生労働省)。

 男女別に見ると、急性心筋梗塞の死亡数は、男性23497、女性19132(「死因簡単分類別にみた性別死亡数」人口10万対/平成22年人口動態統計年報)だ。中高年男性が比較的多く発症し、女性は75歳以降にぐっと増える。

 では、メタボでもなく危険な年齢に達していない女性なら無縁なのか。そうとはいえないのだ。

実録! 突然死を覚悟した瞬間

 ひとつ年上の夫、愛犬2匹とともに東京の郊外で暮らすNさんは、小柄でスリムな57歳の主婦。毎日の家事や犬の散歩のほか、フランス語やフラワーアレンジメントを習ったり、スポーツジムに通ったり、活動的な日々を送っていた。

 ある休日、突然、胸と背中にこれまでに経験のない痛みが襲った。直感的に「循環器系の痛みかも」と頭をよぎったが、鎮痛薬のロキソニンテープを背中に貼って横になると痛みが和らいだ。1時間ほど休んだ後は、いつもと変わりなく一日が過ぎた。

 翌朝、まだ胸の奥には、痛がゆいような違和感があったが、予定があったのでそのまま外出した。だが、電車内でバッグを持つのもつらくなり、最寄り駅まで戻って総合病院へ直行したが、循環器科がその日は休診だった。やむなく、タクシーで循環器科のある別の病院に向い、受付して順番を待った。

急変して緊急手術に!

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇