認知症の大山のぶ代さんが声優に復帰! 認知症でも働けるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 認知症の初期の段階なら、専門医の適切な治療と周囲の支援によって、それまでの生活と同じレベルで暮らしている人は多い。また、正しい理解とサポートさえあれば、仕事もできる。認知症になっても、社会とつながっていたいと感じている人は少なくない。

 東京・町田市のあるデイサービスの目玉は、有償ボランティアだ。レクリエーションや運動を行なうデイサービスが多いなか、この施設では「その日にすること」を認知症の利用者が選ぶ。「お昼ご飯の買い物」「デザートづくり」などに並び、「洗車」「チラシ折り」「野菜の配達」「保育園の雑巾縫い」などもラインナップ。謝礼がもらえるものもある。

 また、ボランティアとして働きぶりが認められ、介護施設の職員として迎えられた初期認知症の人もいる。記憶が抜けがちなため、常にメモ帳を携えているそうだ。周囲も適切な時に声をかけてサポートしている。

当事者の声に耳を傾けよう

 厚生労働省の認知症施策推進総合戦略「新オレンジプラン」によると、2012年に462万人だった認知症患者が、2025年には約700万人に増加する見通しだ。高齢者の5人に1人の割合だ。65歳未満の「若年性認知症」も、現在3万8000人にのぼる。

 当事者も手をこまねいているだけでなく2014年10月、「日本認知症ワーキンググループ」を発足。当事者が声を上げて、「希望と尊厳を持って暮らし続けること」「共によりよく生きていける社会を創りだすこと」を目指す。政府への提言が、新オレンジプランに取り入れられた。

 認知症の人が地域で安心して暮らしていくには、人々の理解が不可欠だ。認知症の正しい知識とさりげないサポートが求められる。あなた自身も、いつ認知症を発症するかわからないのだから。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫