浅田真央さんが“肉体改造”で復活、女性も筋トレで“魅せるカラダ”に?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本人の成人男性のベンチプレスの平均は約40kgとされ、浅田さんもスレンダーで華奢な体ながらベンチプレス47kgを挙げていたといわれている。肉体改造後の今なら、もっと重いウエイトを挙げることができるかもしれない。

 女性らしいしなやかで魅力的なボディラインと筋トレ、この二つは相反するようだが、実は密接な関係がある。俗説で「筋トレをすると、女性も男性のように筋肉隆々になる」というものがある。

 女性は、男性ホルモン・テストステロンの分泌が少ない。そのため、特に上半身の筋肉は男性と比べてつきにくく、筋トレ初心者は「筋肉がついてしまう」などの心配は無用だ。そんなに簡単に筋肉がつくのなら、アスリートやボディビルダーも苦労しないはず。

 むしろ、女性らしいメリハリのあるカラダは、筋トレと食事管理でドラスティックに実現する。引き締まった筋肉をつくることで、プルプルした気になる二の腕や、ベルト上の乗ったもう一つの肉ベルトを解消する一歩になる。

筋肉量の少ない女性にはさまざまなトラブルが

 身体を動かす生活習慣がない人や、一日中デスクワークという人は、筋肉量が減りがちだ。筋肉が少なくなると、基礎代謝が低下し、消費するエネルギーも小さく、余分な脂肪が蓄積しやすくなる。筋力がつけば、体幹もしっかりして、姿勢やたたずまいもより美しくなるだろう。

 ほかにも、当サイトでは「女性の約8割が訴える「重だる脚」は、これからの季節がピーク! そのまま放置すると危険な病気に......」「40代で「サルコペニア肥満」の恐怖! 筋肉量が減るとどうなるのか?」など、いずれも筋肉量の少ない女性に起こりやすいトラブルを提起してきた。

 肉体改造を遂げた浅田真央さんの活躍に注目が集まることで、一般女性がもつ、筋力や筋肉に対する誤解や先入観に、これから変化が生じるかもしれない。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子