北斗晶さんの乳がん治療で再び議論される検診、受診する側の意識は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乳がんの検診に関してはさまざまなデータや指摘が飛び交う。今年の「JAMA Internal Medicine」7月6日号には、米ハーバード大学およびダートマス大学による研究でより、マンモグラフィーによる定期的な乳がんスクリーニングが「過剰診断」の原因となり、一部の女性が不必要な治療を受けている可能性のあるとの研究報告がなされている。

 この研究に対して、米国がん協会(ACS)は、マンモグラフィーの必要性に疑問を抱く女性が増えることに懸念を示し、これまでの研究ではマンモグラフィーによって40歳以上の女性の乳がんによる死亡率が少なくとも20%低減することが明らかにされていると主張している。

http://consumer.healthday.com/cancer-information-5/breast-cancer-news-94/is-mammography-leading-to-overdiagnosis-of-breast-cancer-701017.html

 また昨年は、スイス医療委員会が“マンモグラフィー検診は乳がんによる全死亡率を低下させない”と結論づける論文をニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌に掲載している。この論文では、検診の有効性に疑問を投げかけ、さらに過剰診療の危険性に言及し、検診の廃止までを勧告している。
Biller-Andorno N et al. Abolishing mammography screening programs? A view from the Swiss Medical Board. N Engl J Med. 2014;370:1965-7.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24738641

 しかし、どのがんでも早期発見の有用性を否定するものは無いだろう。乳がんの場合でも、早期といわれるのは、「Tis期」~「I期」まででは、治療後の10年生存率は9割近い。

 だが、メットライフのアンケート調査で、乳がんに対する危機感や不安を感じていない人が半数以上いる。45歳を超えるそうでは、この危機感や不安が高くなる。
 
 家庭を持ち、子どもの成長を見守り、守るべきもの、頼るべき相手の存在があれば、それを喪失することへの危機感は高まるのか。しかし、そんな存在のあるなしにかかわらず、やはり、転ばぬ先の杖は必要ではないのか?
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆