連載「快楽はどこまで許されるのか? セックス依存という病」第7回

"セックス依存"は満たされない渇き? 映画『SHAME−シェイム−』に見る闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 依存をあらわす英語に「addiction」がある。これは日本では「嗜癖」という、やや馴染みの薄い言葉に訳されることもある。

 臨床心理士で多くの著書がある信田さよ子氏の著書『依存症』は、主にアルコール依存症の話だが、ひろく依存症全般についても示唆に富んだ内容になっている。そのなかで、信田氏はこのように書いている。

 「我々の生活における手近な快感は、むしろ生存を危うくするような行動によって獲得される。俗に言う『飲む、打つ、買う』とはアルコール、ギャンブル、セックスのことであり、これらは抗いがたい快感を与えてくれる行動だ。
 生きつづけることを否定するような、強烈で刹那的快感の危険性を、人類は熟知していた。これをどのようにコントロールするかが文化であり、共同体の拘束であった。そしてある種の快感をタブー視し、禁止すらし、快感を生存促進的にコントロールできることが人としての成熟であると考えるようになった。  
 このように生存を危うくするような習慣を『悪習慣』とし、嗜癖と呼ぶようになったのである。つまり近代社会が排除せざるをえないような、コントロールを欠いた行動に与えられた言葉が『嗜癖』なのである」

 「飲む、打つ、買う」といった快楽は、破滅に通じる可能性のある危うい行動だからこそ、その快楽も大きくなる。あるいはその快楽は、禁じられれば禁じられるほどに、増していくのかもしれない。だが、快楽をむさぼるように味わう者は、決して満たされることのない渇望を抱え続けることになる──。

 映画『SHAME』が指し示しているのも、そのような普遍的な事柄なのかもしれない。
 

連載「快楽はどこまで許されるのか? セックス依存という病」バックナンバー

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆