>  > 快楽はどこまで許されるのか? セックス依存という病(精神保健福祉士・ジャーナリスト 里中高志)
「快楽はどこまで許されるのか? セックス依存という病(精神保健福祉士・ジャーナリスト 里中高志)」の記事一覧

言葉だけが独り歩きし、その実態はほとんど知られていない「セックス依存症」。一体どのような病なのか? 性に固執し、生活を破綻させるほどのめり込む人々は、どこに問題があるのか。精神保健福祉ジャーナリストの筆者が、最新の知見を取材しつつ、その検証に挑む。

ハリウッドセレブのセックス依存症から学ぶ~回復への「12のステップ」

先日、俳優のチャーリー・シーンさんが、HIV感染を公表した。以前から自宅に娼婦を何人も呼んで乱交パーティーを行い、性依存症ともささやかれていた。噂では5000人以上と関係をもったともいわれ、感染が判明してからも多くの女性と性交を重ねたという告白に衝撃が走っている。 単に…続きを読む

ハリウッドセレブのセックス依存症から学ぶ~回復への「12のステップ」

"性依存"か"セックス依存"か? マスコミと医療関係者にある温度差とは?

「有名男女『迷える下半身』私たちセックス中毒!」「3日も空けるとイライラ...... 男性タレントたちの間で『セックス依存症』が蔓延中か」「今どきの女たちはどこまで"SEX中毒"なのかを徹底分析『SEX依存症』とフツーの性欲のビミョーな境界線」 いずれも雑誌記事の見出し…続きを読む

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫