>  > 快楽はどこまで許されるのか? セックス依存という病(精神保健福祉士・ジャーナリスト 里中高志)
「快楽はどこまで許されるのか? セックス依存という病(精神保健福祉士・ジャーナリスト 里中高志)」の記事一覧

ハリウッドセレブのセックス依存症から学ぶ~回復への「12のステップ」

先日、俳優のチャーリー・シーンさんが、HIV感染を公表した。以前から自宅に娼婦を何人も呼んで乱交パーティーを行い、性依存症ともささやかれていた。噂では5000人以上と関係をもったともいわれ、感染が判明してからも多くの女性と性交を重ねたという告白に衝撃が走っている。 単に…続きを読む

ハリウッドセレブのセックス依存症から学ぶ~回復への「12のステップ」

"性依存"か"セックス依存"か? マスコミと医療関係者にある温度差とは?

「有名男女『迷える下半身』私たちセックス中毒!」「3日も空けるとイライラ...... 男性タレントたちの間で『セックス依存症』が蔓延中か」「今どきの女たちはどこまで"SEX中毒"なのかを徹底分析『SEX依存症』とフツーの性欲のビミョーな境界線」 いずれも雑誌記事の見出し…続きを読む

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇