ブーム続く「熟成肉」の美味さの正体は「カビ」だった?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気が定着してきた熟成肉は現在、高級店にかぎらず、有名牛丼チェーンやファミリーレストランなどの身近なところでも「熟成」をうたったメニューが登場している。ところが、「熟成」とはいっても、その方法に明確な規定はない。それぞれの飲食店や製造元の手にゆだねられているのが現状だ。 

 熟成肉は、冷蔵庫の中とはいえ、20日以上寝かせるのが一般的。その過程で生まれたカビが、肉の表面をコーティングすることによって発酵が進み、熟成された旨みが生まれる。

エイジングの管理や専門知識と技術

 いわゆる「腐る寸前」の状態だ。熟成中に派生するカビは、ちょうどブルーチーズの青カビのようなものだが、有害なカビが生えないとは言い切れない。そのため、しっかりとしたエイジングの管理や専門知識と技術を有する店でなければ不安だ。

 万が一、管理が甘く、何らかの理由で安全性に疑問が生じるような品質だった場合、それを口にすれば感染症やアレルギー反応などが起きかねない。赤身肉ブームを牽引する熟成肉は、とてもデリケートな管理と相応の知識、技術に基づく調理でなければ、手を出すのは見合わせたほうがいいかもしれない。素人が見よう見まねで、「熟成」「エイジング」を試みるのはもってのほかだ。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子