連載第10回 -5歳を実現する、50歳からのエクササイズ

「ホットヨガ」でパートナーと妊活!? あなたの"女子力"がアップする理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまで、ホットヨガを始めた女性のなかに、不妊で悩んでいた人から妊娠したという報告をいくつか聞いてきました。また、何度か流産をされた方が、無事に妊娠・出産できたというケースもあります。

 不妊の原因の一つといわれているのが、「カラダの冷え」。多くの女性は、子どもの頃から「腰を冷さないように」と、口酸っぱく教えられてきたはず。「冷え」は、生殖機能にとって弊害があります。骨盤内の温度が低下すると、子宮や卵巣などへの血流が減って、活発に働かなくなるからです。ホットヨガは、身体の深部から体温を上げると考えられています。

自律神経のバランスを改善させて

 そして、自律神経のバランスを改善させ、妊娠しやすい身体へと環境を整えます。女性ホルモンの分泌には、脳にある視床下部が密接にかかわります。視床下部は女性ホルモンの分泌の指令を出す部位であるとともに、ストレスを感知する箇所。過度なストレスは、その指令を狂わせ、思うように卵巣が働かなくなり、生理痛や月経不順を引き起こすこともあります。

 自律神経は、循環や呼吸、消化、体温調節、内分泌機能、生殖機能、代謝など自分ではコントロールできない機能を制御します。ヨガの効果で実感するものの上位には、肩凝りや冷え、むくみの解消などがあげられます。これは、自律神経の機能が整ってきた証のひとつでしょう。

 一方では、副交感神経の働きを有意にさせます。ご存じのとおり、現代のストレス社会は交感神経が優位の時間が長くなっています。ヨガは副交感神経にも働きかけ、ストレスを溜めこまないカラダづくりにもつながるのです。

 "妊活"は男女ともに考えるテーマ。パートナーと一緒に、楽しみながらホットヨガを試してみるのは、よいかもしれませんね。


連載「-5歳を実現する、50歳からのエクササイズ」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子