「記憶力に不安が......」は大丈夫! 自覚のある人は認知症ではない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最新のアメリカの医療関連法では、メディケア(公的医療保険制度)が認知機能障害の検査に保険を適用することになっている。しかし、実際は医師が「もの忘れはどうですか?」と尋ねるだけで、「それでは不十分だ」とMorgan氏はコメントしている。

 認知症の治療法はないが、症状を軽減したり進行を遅らせたりする薬剤があり、新しい治療法の臨床試験に登録することもできる。やはり早期発見は重要だ。「早く疾患に気づけば、意志決定の能力があるうちに将来の計画を立てることもできる」と同氏は指摘している。

 もの忘れは、誰にでも起こることで、加齢によってもその頻度は増えていく。だが、認知症では、新しく記憶することができなくなっていくからその頻度が増す。そして、記憶障害とともに、趣味など関心のあったものごとに対しても、意欲ややる気が失われたり、情緒や性格に少しずつ変化がみられるようになる。

 認知症は初期の対応が大切だ。「どうせ治らないから、医療機関に行っても仕方ない」というのは、誤った考え。別の原因が隠れていたり、治る病気や一時的な症状の場合がある。早期の受診・診断・治療は、認知症において非常に重要だ。初期に発見されることで治療が可能であったり、進行を防ぐことができるものも多い。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆