なぜ体重を測るだけで痩せられるのか? "ライフログ"の蓄積がもたらす不思議な効果

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hakarudake.jpg

体重を測るだけで痩せる? shutterstock.com

 食事量も運動量も特に変えず、普通の生活をしながら、ある簡単な行為をするだけで体重がみるみる減少していく......。そんなおとぎ話のような話を信じる人は、そう多くはないだろう。だが、世間ではそんなダイエット法を実践して効果を実感している人々が大勢いる。その簡単な行為とは、「計るだけダイエット」。「体重を毎日測る」、たったそれだけである。

 メタボ該当率が県内1位だった愛知県蒲郡市は、その危機感から2014年度に「体重測定100日チャレンジ!めざせ1万人!」という事業を企画。約6000人の市民が参加し、このうち3240人(男性1404人、女性1836人)は100日間にわたり、毎日決まった時間に体重を測定し、パソコンかスマートフォン・携帯電話、もしくは手書きで記録した。その結果、体格指数を表すBMI値が適正値に近づいた人が増えたという。

 体重測定100日後にBMI値が「標準」だった人の数は、男性が19人増し、女性は24人増しとなった。また、測定を始める前のBMI値が18.5未満の「やせ」の人は順調に増え、25以上の「肥満」の人は順調に減るという顕著な結果となった。

 このことから、毎日の体重測定は、体重が減るだけでなく、「痩せ」タイプの人も標準体重へ向かうということが分かった。より適正な体格に誘導されるようだ。

なぜ体重測定が適正体重へつながるのか?

 蒲郡市民が行ったことといえば、ただ毎日体重を測って記録する習慣をつけただけである。しかし、このことは、目には見えない、何か大きな意識の変化があったことが予測できる。

 一時期、「レコーディング・ダイエット」なるものがブームになった。これは食べたもののカロリーを逐一メモするだけで痩せられるというダイエット法だ。この方法は、体重を測るだけで痩せられることと類似している。そこで、このレコーディング・ダイエットの効果のメカニズムを探ってみよう。

 レコーディング・ダイエットが成功するのは、食べたものとそのカロリーを記録することで、自然とカロリーの低いものを選択するようになったり、効率的な摂取へ向かったりする効果があるからだといわれている。また、続けていくうちに「食べる=記録」という思考回路が身に付くため、記録するのが億劫なときは自ずと無駄食いが減るようだ。

 このメカニズムは、毎日体重を測って記録することに通じるものがある。朝、体重を測って、「昨日より少し太った、痩せた」などのちょっとした意識付けが加わると、理想的な体重へ向かうよう、自然とその日の食事や行動面への心がけが変化するのではないだろうか。

ライフログへの可能性も

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆