>  >  > 学歴や体型によっては「アルツハイマー病」になる!?

低学歴はアルツハイマー型認知症に? アルツハイマーの9つの危険因子とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ADの発症リスクと強い相関(エビデンスグレードI及びIIA)のある13の危険因子のうち、世界的な保有率に関するデータがあったのは、頸動脈脈狭窄・肥満・2型糖尿病(アジア人のみ)・うつ病・低学歴・高血圧・ホモシステイン高値・脆弱性・現在の喫煙(アジア人のみ)という9因子だった。

 これらに関して、メタ解析により人口寄与危険度(PAR=曝露群と非曝露群における疾病頻度の差)を算出。9因子の総合的なPARは、世界の全AD症例の3分の2に寄与していることがわかった。

 Yu氏らは、同研究は観察研究のため因果関係を証明するには不十分であるとしながらも、「食事や薬物治療、生化学反応、精神状態、既存疾患、ライフスタイルに焦点を当てた予防策を実施することで、今後のADの新規発症患者数を抑制できるかもしれない」と述べている。

 多くの人が、単に長生きすることよりも、健康寿命を延ばすことを望んでいる。AD発症のリスク低減の可能性を示したこの研究結果を参考に、生活習慣を見直し、該当する疾患の予防を心がけることが、"健康で長生き"の近道となるだろう。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子