女性は注意! うつ病になるリスクを2割もアップさせる食品とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 逆に全粒穀物や野菜、果物、食物繊維を多く摂取していた女性は、うつ病のリスクが減少していた。全粒穀物や野菜はGI値が低く、食後の血糖値を上げにくい食品群だ。

 Gangwisch氏は「高GI食品の摂取で血糖値が急激に乱高下した結果、不安感や気分の変化、疲労感を引き起こしたり、そうした症状を悪化させた可能性がある」と、その理由を分析する。

 さらに「今回GI値の高い食事はうつ病のリスク要因であることが示された。精製されていない『ホールフーズ』などの食品を摂ることで、うつ病の予防・治療効果を得られる可能性がある」と述べている。

全粒穀物でアンチエイジングを

 GI値は、食品の食物繊維の含有比率や調理方法、咀嚼回数などでも変わる。パンでは、精白された小麦よりも全粒粉を原料にした製品の方が、GI値が低く吸収が遅い。ご飯なら玄米、他にはトウモロコシ、キビ、アワ、ヒエ、ソバなど、加工度の低い全粒穀物だ。これらは食物繊維が豊富で、ビタミンやミネラルなども精製されたものに比べ多く含まれ、栄養価が高い。

 近年、GI値の高い食事が引き起こす血糖値のギャップは、肥満や糖尿病だけでなく今回判明したうつ病や糖質依存症、さらには老化のスピードも上げるリスクがあることがわかってきた。

 つまり、普段からできるだけ精製度の低い食品やホールフーズを選び、"食の質"を上げることが、アンチエイジングにつながる。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆