夏休みの生活習慣が"子どもの肥満"に拍車をかける?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こうしてみると、子どもにとっての学校環境は、健康的な食事と活動に重要な役割を果たしていることがわかる。夏休みへの健康的な移行を促すためには、何らかのリーダーシップが必要と研究グループは指摘。「1年間を通して、学校をベースにした肥満予防の取り組みが必要」と結論づけた。

 もちろんこれは日本も同じだ。特に今年のような猛暑が続くと、エアコンが効いた屋内で一日体を動かさず過ごし、おやつを食べ過ぎる子は増える。近年は、水分補給のつもりでイオン飲料を飲み過ぎ、知らないうちに糖分を過剰摂取するケースも多い。ある小児科医は、「"肥満児は夏休みにつくられる"と言っても過言ではない」と指摘している。

 夏休み太りを防ぐにはまず、生活リズムを崩さない。食事が不規則になると栄養バランスがとりにくくなる。また、「野菜を積極的に摂る、おやつの時間を決める、甘い飲料は飲み過ぎない」ことも大切だ。夏休み期間中は、子どもの食事が乱れていないか、いつも以上に注意したい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆