DAIGOさん『24時間テレビ』で100kmを"号泣"走破! 汗と涙の影に"疲労骨折"の危険も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5kmのジョギングから始めて、3年かけてフルマラソンまで走れるようになる――。自分の体力に合った適度なトレーニングを積めば、誰でもパフォーマンスをアップすることは可能だ。しかし、無理なトレーニングは逆効果になるのは否めない。

 2012年に発表された論文、「Effects of fatigue on running mechanics associated with tibial stress fracture risk. Medicine and science in sports and exercise,」によると、ランニングによる疲労は疲労骨折、特に脛骨の疲労骨折と関連があることが分かっている。

 具体的には、疲労によってランニング中に、体幹、股関節の伸展、足関節の底屈が増加する。地面へのインパクトが強くなり、脛骨への負荷が増加した結果、疲労骨折につながるのだ。疲れによって体の制御が難しくなり、地面への衝撃が強くなる。24時間100kmは、走る速度によらず、疲労骨折のリスクは高まるわけだ。

DAIGOさんができるなら自分も走れるかも......

 また、『Clinics in Sports Medicine』で発表された論文「Stress Fractures in Runners」では、ランナーがケガをする要因に、急速な身体トレーニング、栄養、喫煙、下肢の筋肉量などが挙げられている。

 今回のチャリティマラソンにかぎらず、普段運動していない人が、いきなりトレーニングをして長距離を走ることは危険だ。特にDAIGOさんのような筋肉量が少ない人だとなおさら。ランニングだけではなく、体の安定性を向上させるための「コアスタビリティトレーニング」などが必須だといえる。

 番組企画のように、万全なサポートメンバーや専門家によるケアを望めない一般の人は、「DAIGOさんが走れたなら自分だって......」など安易に思わないことだ。体を鍛えるどころか、壊しかねないリスクがはらんでいることを忘れてはならない。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇