DAIGOさん『24時間テレビ』で100kmを"号泣"走破! 汗と涙の影に"疲労骨折"の危険も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5kmのジョギングから始めて、3年かけてフルマラソンまで走れるようになる――。自分の体力に合った適度なトレーニングを積めば、誰でもパフォーマンスをアップすることは可能だ。しかし、無理なトレーニングは逆効果になるのは否めない。

 2012年に発表された論文、「Effects of fatigue on running mechanics associated with tibial stress fracture risk. Medicine and science in sports and exercise,」によると、ランニングによる疲労は疲労骨折、特に脛骨の疲労骨折と関連があることが分かっている。

 具体的には、疲労によってランニング中に、体幹、股関節の伸展、足関節の底屈が増加する。地面へのインパクトが強くなり、脛骨への負荷が増加した結果、疲労骨折につながるのだ。疲れによって体の制御が難しくなり、地面への衝撃が強くなる。24時間100kmは、走る速度によらず、疲労骨折のリスクは高まるわけだ。

DAIGOさんができるなら自分も走れるかも......

 また、『Clinics in Sports Medicine』で発表された論文「Stress Fractures in Runners」では、ランナーがケガをする要因に、急速な身体トレーニング、栄養、喫煙、下肢の筋肉量などが挙げられている。

 今回のチャリティマラソンにかぎらず、普段運動していない人が、いきなりトレーニングをして長距離を走ることは危険だ。特にDAIGOさんのような筋肉量が少ない人だとなおさら。ランニングだけではなく、体の安定性を向上させるための「コアスタビリティトレーニング」などが必須だといえる。

 番組企画のように、万全なサポートメンバーや専門家によるケアを望めない一般の人は、「DAIGOさんが走れたなら自分だって......」など安易に思わないことだ。体を鍛えるどころか、壊しかねないリスクがはらんでいることを忘れてはならない。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆