肝臓/胆のう/膵臓

膵臓がん

どんな病気 膵臓は、胃の裏側に、横たわる様に位置した実質性臓器で、長さ15〜20cm、幅3〜4cm、重さ80〜100gの淡黄色の臓器で、その機能は、アミラーゼ、リパーゼ、トリプシノーゲンなどの酵素を分泌してタンパク質や脂肪などの消化に関わっているとともに、インスリンやグルカゴ…続きを読む

膵臓がん

慢性膵炎

慢性膵炎

胆石

胆石

脂肪肝

脂肪肝

急性膵炎

急性膵炎

肝臓がん

どんな病気 肝臓にできる腫瘍には肝がんだけではなく、悪性、良性含めて種々のものがあります。代表的な良性腫瘍の肝血管腫は偶然にエコー検査などでみつけられることが多く時に悪性腫瘍との鑑別が難しい場合もあります。肝臓に発生する悪性腫瘍には、肝臓に原発する肝がん(原発性肝がん)と他の…続きを読む

肝臓がん

肝硬変

肝硬変

C型肝炎

C型肝炎

B型肝炎

B型肝炎

A型肝炎

A型肝炎
妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆