>  > 心に響く闘病記ガイド(闘病記書店店主 星野史雄)
「心に響く闘病記ガイド(闘病記書店店主 星野史雄)」の記事一覧

自分の病について知りたい。でも、知れば知るほど怖くなる…。それでも生きるには、さらに「知る」しかない。乳がんで妻を失った失意の自分を救ってくれた「闘病記」を読み続け、ついには闘病記専門古書店「パラメディカ」を開設した星野史雄さんが厳選する闘病記ガイド。

闘病記 生きたい! 抗がん剤と骨髄移植で白血病と闘い続けながら目指した理学療法士

『生きたい!!僕の履歴書』(池田真一/リーブル出版)1977年生まれの池田真一さんは、高校入学直後と成人してからの2回、急性リンパ性白血病(ALL)を発症します。白血病は抗がん剤と骨髄移植で乗り越え、理学療法士を目指し、由佳さんという伴侶も得ますが、抗がん剤の副作用で肺線維症を…続きを読む

闘病記 生きたい! 抗がん剤と骨髄移植で白血病と闘い続けながら目指した理学療法士

闘病記 父が食道がんとなったときから5カ月間 家族はどんなことができたのか?

『親ががんだとわかったら――家族目線のがん治療体験記』(はにわきみこ/文藝春秋) 家族ががんになったときに、家族はどのように対処したらいいか? そのノウハウを家族目線で教えてくれる一冊です。72歳の父が食道がんと告げられ、手術・退院までの5カ月間に、家族は何を分担し、どう動い…続きを読む

闘病記 父が食道がんとなったときから5カ月間 家族はどんなことができたのか?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆