「ボイスコマンド」でも注意力は低下! 運転中のスマホ操作が事故を招くことに

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2893410-2.jpg

ハンズフリーでも運転中のスマホは危ない!(shutterstock.com)

 「歩きスマホ」の危険性については、本サイトでもお伝えしてきたが(2015年1月27日)、「歩きスマホ人」は、ますます増加しているようである。この11月には、JR東日本が「スマホの『ながら歩き』防止キャンペーン」を展開して話題になった。最近は、テレビのキャスターが罰金を課したらどうかという強硬な発言をして物議をかもしている。すでに、お隣中国では、スマホ専用歩道も登場しているという。

 ところで、移動はもっぱら自動車を運転して、という人も多いだろう。両手がふさがっている運転中に、言葉でスマホ操作ができる、ボイスコマンドをご存知だろうか。

手を使わず、声だけて操作できるボイスコマンド

 何かを検索するときに、文字を打ち込まなくてもスマホに向かって検索したい言葉を話すという機能を使ったことがあるだろうか。ボイスコマンドは、検索だけでなく、「○○君に電話をかけて」とか「夕べのサッカーの試合の結果は?」とか、「メールのメッセージ読んで」のように、スマホに入っているアプリを、言葉で命令できる機能だ。まさに、運転中にうってつけである。

 また、カーナビや燃費情報を、音声で操作できる機能を備え付けた自動車もすでに市販されている。このようにスマホや自動車に備え付けられた、音声で操作できる機能がボイスコマンドだ。

 しかし最近、アメリカ自動車協会(AAA)が、気になる調査結果を発表した。ハンズフリーのボイスコマンドであっても、自動車の運転中に使用すると注意力の低下を招くというのである。

運転中に危険をもたらすレベル2以上の注意力低下

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇