高齢者の虐待が日米で急増、介護者自身をケアすることが急務

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「高齢者虐待」防止の対策はどこまで効果があるのか

 厚労省は各都道府県の相談窓口を整備しつつ、虐待を未然に防止する体制作りを進める。

 都道府県の地域包括支援センターでは、ケアマネジャーや民生委員が「身体的虐待」や「介護・世話の放棄・放任(ネグレクト)」の相談を随時受け付けている。

 たとえば、2008年に松戸市は「高齢者虐待防止マニュアル」を作成した。「マニュアル」を家庭用・専門職用・養介護施設用に分け、虐待の定義や種類、相談・報告の仕方、虐待を受けている高齢者の身体面、行動面に見られるサインなどを解説。異変に気付いた人には、地域包括支援センターへの連絡を呼びかけている。このような地域包括支援センターのサポートは高齢者にも介護者にも欠かせない。

 経済的な負担は発生するが、虐待を防止するために有料老人ホームなどの高齢者向け施設に入居する選択肢もある。

 だが、高齢者の暮らしを見守る社会体制の構築だけでは不十分。介護ストレスが虐待を誘発する可能性が高いため、介護うつが原因で虐待に陥る介護者へのケアも必要だ。

 2005年の厚労省の調査によると、介護者の4人に1人が介護うつに悩んでいるという。介護者がストレスを感じる介護(複数回答)は排泄時の付き添いやおむつの交換62.5%、入浴時の付き添いや身体の洗浄58.3%、食事の準備や介助49.1%、車椅子からベッド、便器、浴槽、いすへの移乗介助48.3%、寝返りやベッド、いすからの立ち上がりの介助47.7%、屋内の移動介助37.8%、認知症の症状への対処28.9%、徘徊の防止や夜間の転倒防止の見守り28.2%、外出や買物の付き添い19.4%、リハビリ、歩行訓練の付き添い16.1%だ(「介護ロボットに関する特別世論調査の概要」など)。

 ちなみに、認知症が進んだ高齢者の「経済的虐待」を防止するために2012年に始まった「後見制度支援信託」がある。日常的な支払いをするのに十分な金銭を後見人が管理し、通常時に使わない金銭は信託銀行などに預ける仕組みだ。

 後見人になった親族が財産を不正使用できなくなるので、「経済的虐待」を防止できる。利用者は累計約2万1500人、信託財産額は約6988億2800万円(2017年)と普及しつつある。(「後見制度支援信託の利用状況等について-平成28年1月~12月」)

 「高齢者虐待」も「介護ストレス」も長命長寿が招いた文明社会の足枷手枷であり、誰も避けられない。今この瞬間も、介護施設や介護をする家族の間で起きている生々しい現実だ。(文=編集部)

【参考】
厚労省~平成29年度「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」
高齢者虐待が起こる理由と対策

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆