飲んだら風呂はやめておこう…若い世代も「ヒートショック」の危険アリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注意すべきは冬だけか?

 前述のとおり「ヒートショック死の半数が冬季」であるが、冬以外のシーズンも注意が必要だ。

 実は、ヒートショック死の発生頻度は、47都道府県の中で北海道と沖縄県が最も低い。収集された冬季の室温データによれば、北海道と沖縄県が最も暖かいという結果が出ているという。つまり、外気温の低さだけがヒートショックの引き金になるわけでなく、住宅内の環境温度を保つことが大事なのだ。

 日本の住宅の多くは浴室やトイレが「北向き」。住宅の構造上、室内の温度差が生じやすく、初春や初冬のヒートショックも侮れないのだ。

 簡単にできるヒートショック対策は、スイッチを入れてから1~2秒で温まる電気ヒーター式のバス換気乾燥機や、小型セラミックファンヒーターの活用だ。小型のセラミックファンヒーターなら安価で、持ち運びも便利だから活躍するシーンも多い。「ヒートショックといえば高齢者・冬」という先入観は捨てて対策を講じてもらいたい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波