飲んだら風呂はやめておこう…若い世代も「ヒートショック」の危険アリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注意すべきは冬だけか?

 前述のとおり「ヒートショック死の半数が冬季」であるが、冬以外のシーズンも注意が必要だ。

 実は、ヒートショック死の発生頻度は、47都道府県の中で北海道と沖縄県が最も低い。収集された冬季の室温データによれば、北海道と沖縄県が最も暖かいという結果が出ているという。つまり、外気温の低さだけがヒートショックの引き金になるわけでなく、住宅内の環境温度を保つことが大事なのだ。

 日本の住宅の多くは浴室やトイレが「北向き」。住宅の構造上、室内の温度差が生じやすく、初春や初冬のヒートショックも侮れないのだ。

 簡単にできるヒートショック対策は、スイッチを入れてから1~2秒で温まる電気ヒーター式のバス換気乾燥機や、小型セラミックファンヒーターの活用だ。小型のセラミックファンヒーターなら安価で、持ち運びも便利だから活躍するシーンも多い。「ヒートショックといえば高齢者・冬」という先入観は捨てて対策を講じてもらいたい。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫