飲んだら風呂はやめておこう…若い世代も「ヒートショック」の危険アリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注意すべきは冬だけか?

 前述のとおり「ヒートショック死の半数が冬季」であるが、冬以外のシーズンも注意が必要だ。

 実は、ヒートショック死の発生頻度は、47都道府県の中で北海道と沖縄県が最も低い。収集された冬季の室温データによれば、北海道と沖縄県が最も暖かいという結果が出ているという。つまり、外気温の低さだけがヒートショックの引き金になるわけでなく、住宅内の環境温度を保つことが大事なのだ。

 日本の住宅の多くは浴室やトイレが「北向き」。住宅の構造上、室内の温度差が生じやすく、初春や初冬のヒートショックも侮れないのだ。

 簡単にできるヒートショック対策は、スイッチを入れてから1~2秒で温まる電気ヒーター式のバス換気乾燥機や、小型セラミックファンヒーターの活用だ。小型のセラミックファンヒーターなら安価で、持ち運びも便利だから活躍するシーンも多い。「ヒートショックといえば高齢者・冬」という先入観は捨てて対策を講じてもらいたい。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇