糖尿病は「貧困病」か、誰でも発症する「国民病」か?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の男性ホームレスの糖尿病有病率は、一般人と変わらない!

 次に日本の研究成果を見よう。

 2010年の国民健康・栄養調査「所得と生活習慣等に関する状況」によると、世帯所得が200万円未満(肥満者率25.6%)や200万~600万円(肥満者率21.0%)の女性は、世帯所得が600万円以上の女性(肥満者率13.2%)よりも、肥満になりやすい。つまり、低所得者ほど肥満になるリスクが高いとされている。

 しかし、これと異なる結果の研究もある。

 岐阜大学保健管理センターの西尾彰泰准教授らの研究グループは、「日本人の男性ホームレス生活者における糖尿病の有病率は、一般集団と変わらない可能性がある。社会的支援を受けている人は、受けていない人よりも耐糖能異常(糖尿病予備群)の頻度が低い」とする研究成果を『Journal of Diabetes Investigation』2018年9月28日オンライン版に発表した。

 発表によれば、研究グループは、名古屋市内の男性のホームレス生活者106人(平均年齢54.2歳)を対象に、その社会的背景、精神疾患や認知機能低下の有無と血液検査によるHbA1c値の関係を詳細に解析した。

 HbA1c値が6.5%以上を糖尿病、6.0~6.4%を耐糖能異常(糖尿病ではないが、血糖値が正常よりも高い状態)、5.9%以下を正常と推定した。
 
その結果、7人(6.6%)が糖尿病、12人(11.3%)が耐糖能異常だったが、その有病率は国民健康・栄養調査による一般集団と同様の傾向だった。耐糖能異常の有病率は、社会的支援を受けている人は、受けていない人よりも低かった。

 一方、精神疾患や認知機能低下の有無、ホームレス生活者であった期間や経験回数、喫煙や飲酒などの生活習慣、教育レベルによる、糖尿病および耐糖能異常の有病率の差は見られなかった。

 以上の結果から、研究グループは「都会の日本人男性ホームレス生活者における糖尿病と耐糖能異常の有病率は、日本人の一般集団と同様の傾向であるため、ホームレス生活者においてもこれらの疾患の早期発見、早期治療が必要である。また、社会支援の提供は糖尿病予防に寄与するだろう」と結論づけている。

 さて、日米の「糖尿病と低所得の関係」についての研究成果を見てきた。糖尿病は低所得者のリスクが高い「貧困病」か? 誰でも発症するリスクのある「国民病」か? 決着はついていない。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆