米国で性感染症(STD)が4年連続で拡大! 耐性化で淋病が治らなくなる!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性感染症の拡大の原因は?

 STD拡大の要因には、特に若年層での検診や性教育が不十分であることが考えられると、専門家らは指摘している。

 また、連邦政府は近年、STD対策の財政支援を縮小してきたが、こうした支援縮小後にSTDの急増が認められていることも分かった。

 NCSD(National Coalition of STD Directors)の理事を務めるDavid Harvey氏は「州や地域の保健局は、事実上15年前の半分の予算でSTD対策を講じている」と述べている。

 淋菌は長きにわたって各種抗菌薬に耐性を獲得しており、米国では現在、セフトリアキソンが淋菌に高い有効性を示す唯一の抗菌薬とされている。

 2015年以降、淋病治療にはセフトリアキソンの静脈注射単回投与とアジスロマイシン経口投与の併用が推奨されているが、この併用療法もいずれは効かなくなる可能性があると専門家らは危惧している。

 CDCは医師に対し、患者とSTDについて率直に話し合う機会を持ち、早期発見、早期治療を実現することでSTDの拡大阻止に努めるよう強く呼び掛けている。

日本でも梅毒が急増

   性感染症の拡大は、海の向こうの話ばかりではない。日本でも梅毒の年間報告数が急増しており、2017年には6000人に迫るまできた。急増以前は、梅毒患者の多くは男性だったが、2011年以降は女性、それも若い女性に広がっている。

*関連記事「【閲覧注意】これが梅毒にかかった手の平! 国内で女性の感染者が激増」

 デリケートな病気なため、恥ずかしがって受診しない人も少なくないが、治療しなければ治らない。近年では、医療機関を受診しなくても感染の有無を確認できるキットが販売されており、誰でも購入できる。

 若い人をはじめ、STDに関する知識不足の人が多いことは否めない。自らの感染を防ぎ、他人へ感染させないように配慮すること、その教育と啓発が必要だ。

(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆