米国で性感染症(STD)が4年連続で拡大! 耐性化で淋病が治らなくなる!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国で性感染症が4年連続で拡大! 淋菌の薬剤耐性化も進むの画像1

米国では4年連続で性感染症(STD)が拡大(depositphotos.com)

 米国で「性感染症(STD)」の拡大が続いている――。

 米疾病対策センター(CDC)の調べによれば、米国では、2017年に淋病や梅毒、クラミジア感染症と診断された症例が230万人近くと、前年を大きく上回り4年連続で性感染症の拡大が続いている。

 また、淋菌の抗菌薬耐性化が急速に進んでいることも懸念されたことから、CDCのSTD予防部門長を務めるGail Bolan氏は「淋病の新たな治療選択肢の開発が緊急に求められる」と指摘している。

 この調査結果の詳細は、「STD予防会議」(2018 STD Prevention Conference:8月27~30日、米ワシントンD.C.)で発表された。

淋病67%、梅毒76%が増加

 CDCの報告書によると、「淋病」の診断数は2013年の33万3004人から2017年には55万5608人へと67%増加した。男性ではほぼ倍増し、女性も3年連続で増加している。

 また、「梅毒」の診断数は同期間に1万7375人から3万664人へと76%増加し、感染者の7割は男性の同性愛者、あるいは両性愛者だった。

 最も頻度が高い「クラミジア感染症」は、2017年には170万人以上が診断されており(2016年には160万人)、45%は15~24歳の若い女性であった。

 さらに、アジスロマイシン耐性の淋菌の割合は2013年には1%だったのに対し、2017年には4%以上にまで増加し、淋菌の「抗菌薬耐性化」が急速に進んでいることも明らかになった。

 STDはいずれも抗菌薬で治療できるが、未治療のまま放置している患者も多い。STDを治療せずに放置すると妊娠能力に影響し、子宮外妊娠や死産の原因にもなるほか、骨盤や腹部の慢性疼痛を引き起こし、HIV感染リスクも増大するため適切な治療が必要となる。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆