食卓のスマホが食事の楽しみを奪う!? 共感力とSNSの使用頻度に意外な関係が……

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共感力が高い人はSNSの使用頻度が低い

 同学会ではこのほか、自己愛(ナルシシズム)とソーシャルメディアとの関係について調べた米インディアナ大学のSara Konrath氏らによる研究の結果も発表された。

 この研究では、既報の4件の研究に参加した計1200人以上のデータを分析した。

 これらの研究では、自己愛や共感力、情動知能(emotional intelligence)などを既存のツールで評価していたほか、FacebookやTwitter、Instagramといったソーシャルメディアをチェックする頻度や投稿する頻度などについても尋ねていた。

 その結果、共感力が高い人では、他者に対する優しさや思いやりに乏しい人よりも、Twitterを使用する頻度が低かった。また、他者の感情を理解したり自分の感情をコントロールできない人は、それらができる人よりも、ソーシャルメディアを使用する頻度が高かった。

 これらの結果を踏まえ、Konrath氏は「自分や他者の情動を受け入れにくい人は、対面よりもオンライン上の方が居心地良く感じるのかもしれない」と考察している。

 その一方で、専門家の一人で米ミシガン大学コミュニケーション学教授のScott Campbell氏は「共感力とは何か、またその評価法については、専門家の間でも意見が分かれている」と指摘し、Konrath氏らの研究結果は慎重に解釈すべきだとの見解を示している。

 また同氏は「われわれの研究では、メールやメッセージ、電話の使用時間が長い人ほど対面で交流する時間も長いことが分かっている。そのため、対面での交流は時間よりも質が重要だ」と話している。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆