「人生最初の記憶」は思い込み? 約4割が「2歳以前の記憶がある」と答えたが……

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問題は「人生最初の記憶が架空のものだと気づいていない」こと

 Akhtar氏は「こうした誤った記憶は、小さいころに乗ったベビーカーや悲しい気持ちといった乳児期から幼少期の体験の断片で作り上げられたものだ」と話している。同氏によれば、こうした記憶には後に想像した詳細な情報が付け加えられることもあるという。

 論文の共著者であるロンドン大学のMartin Conway氏は「今回報告された記憶を徹底的に調べたところ、こうした人生最初の記憶の多くは、ベビーカーなどの幼少期に典型的な事柄に関連していた」と指摘する。

 たとえば、誰かから「母親は大きな緑色のベビーカーを持っていた」という話を聞き、それがどのようなものだったかを想像するうちに、その断片が記憶として認識され、さらに情報が加えられていくと、同氏は説明している。

 さらに、Conway氏は「今回の研究で重要なのは、多くの人はこうした人生最初の記憶が架空のものだと気づいていないことだ。実際に、その記憶は本物ではないと言われても信じない人が多い」と話している。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆