欧米で模倣犯続出の<殺人ピエロ>、渋谷・ハロウィン騒動はSNSで拡散された集団ヒステリー

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
333276248.jpg

子どもを楽しませるキャラクターだったピエロが……(shutterstock.com)

 先日のハロウィンでは、渋谷をはじめとする各地が、仮装の若者たちで賑わった。すっかりお馴染みになった傷跡のメイクは、一瞬ギョッとさせられるような生々しさだ。

 しかし、恐怖の仮装という意味では、こちらのほうがずっと本格的だろう。ヨーロッパやアメリカで、チェーンソーやツルハシで襲ってくる「殺人ピエロ(恐怖のピエロ)」が人々を恐慌に陥れている――。

欧米では「殺人ピエロ(恐怖のピエロ)」が続出

 米サウスカロライナ州で今年8月、ピエロの格好をした男たちが子どもを森の中に誘おうとしていたとの通報があった。オハイオ州のある学校は、女性がピエロの格好をした男に襲われたと訴えたため、安全上の懸念から休校措置を取った。

 ペンシルベニア州立大学では10月、不気味なピエロの目撃情報を受けて多数の学生が「ピエロ狩り」を行ったという。

 その後、同様の目撃情報が十数の州で報告され、<学校や会社の外でピエロが待ち伏せしている><武器を持ったピエロが車を乗り回している><ピエロが近所をうろついている>などの通報が相次ぎ、当局は対応を迫られた。 

 一般の人が歩いてくると、突然不気味なピエロが物陰から現れ、襲いかかる。ピエロは、時に刃物のようなものを持っていることすらある。叫び声をあげて逃げ惑う人の様子はYouTubeやFacebookにアップされ、広く拡散されている。

 ハロウィンを前にした9月から、こういった例が増え始め、恐怖の象徴となってしまったピエロの蛮行には警察も憂慮しており、米国の一部地域では、警察がパトロールを強化した。

マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」を治せる時代が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫