欧米で模倣犯続出の<殺人ピエロ>、渋谷・ハロウィン騒動はSNSで拡散された集団ヒステリー

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
333276248.jpg

子どもを楽しませるキャラクターだったピエロが……(shutterstock.com)

 先日のハロウィンでは、渋谷をはじめとする各地が、仮装の若者たちで賑わった。すっかりお馴染みになった傷跡のメイクは、一瞬ギョッとさせられるような生々しさだ。

 しかし、恐怖の仮装という意味では、こちらのほうがずっと本格的だろう。ヨーロッパやアメリカで、チェーンソーやツルハシで襲ってくる「殺人ピエロ(恐怖のピエロ)」が人々を恐慌に陥れている――。

欧米では「殺人ピエロ(恐怖のピエロ)」が続出

 米サウスカロライナ州で今年8月、ピエロの格好をした男たちが子どもを森の中に誘おうとしていたとの通報があった。オハイオ州のある学校は、女性がピエロの格好をした男に襲われたと訴えたため、安全上の懸念から休校措置を取った。

 ペンシルベニア州立大学では10月、不気味なピエロの目撃情報を受けて多数の学生が「ピエロ狩り」を行ったという。

 その後、同様の目撃情報が十数の州で報告され、<学校や会社の外でピエロが待ち伏せしている><武器を持ったピエロが車を乗り回している><ピエロが近所をうろついている>などの通報が相次ぎ、当局は対応を迫られた。 

 一般の人が歩いてくると、突然不気味なピエロが物陰から現れ、襲いかかる。ピエロは、時に刃物のようなものを持っていることすらある。叫び声をあげて逃げ惑う人の様子はYouTubeやFacebookにアップされ、広く拡散されている。

 ハロウィンを前にした9月から、こういった例が増え始め、恐怖の象徴となってしまったピエロの蛮行には警察も憂慮しており、米国の一部地域では、警察がパトロールを強化した。

除菌で虫歯と歯周病を予防する「3DS」~薬を塗ったマウスピースを5分間はめるだけ
インタビュー 口腔内を除菌して全身疾患を予防する「3DS除菌」② 鶴見大学歯学部・探索歯科講座 花田信弘教授/山田秀則助教

第1回:口腔内の雑菌は100億個以上~<除菌治療>が歯周病と生活習慣病を防ぐ!
虫歯や歯周病の原因菌が、生活習慣病を引き起こす発症リスクになることがわかっているため、今後は虫歯や歯周病を直接治療するだけに留まらず、「予防歯科」の必要性が近年ますます高まってくる。鶴見大学歯学部付属病院では、3DSという治療法を用いて、歯科治療のみならず、全身疾患の予防を目的に画期的な専門外科を開設している。

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、厚生労働…

一杉正仁