SNSで「うつ病」リスクが上昇! ネットの楽しい経験よりもネガティブ経験が影響

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抑うつ状態の人は否定的に捉えやすい

 研究を行った米ピッツバーグ大学メディア・テクノロジー・健康研究センターのBrian Primack氏は、以下のように話している。

 「ネガティブな経験がうつ病につながることは当然で、これはソーシャルメディアに限ったことではない。ただ、ポジティブな経験による影響力はネガティブな経験によるものを上回ると予想していたため、楽しい経験をしてもうつ病リスクはそれほど低減しないという結果には驚かされた」

 また、この結果についてPrimack氏は、ネガティブな出来事はポジティブな出来事よりも脳に多大な印象を与える「ネガティブバイアス」が影響した可能性を指摘している。

 「いいね!」や「大げさな誕生日のお祝いメッセージ」など、一見、肯定的な情報があふれかえるオンライン上の架空の世界では、特にこうしたネガティブバイアスに陥りやすいという。

 さらに同氏は、「すでに抑うつ状態にある人は、オンライン上の発言や情報を否定的に捉えやすい」と指摘する。個人の性格や精神状態も重要で、普段から疎外感を感じている人は、こうした悪循環に陥りやすいとしている。

 では、うつ病のリスクを下げるには、どのような対策が考えられるのか?

 Primack氏は、ソーシャルメディアの使用を控える以外に、精神科医に相談してオンライン上のネガティブな経験からの回復力を養うことを挙げている。

 また、専門家の一人で米コロンビア大学医療センター精神科教授のPhilip Muskin氏も、「ある一部の性格的な特性や障害を持つ人は、些細な出来事にも敏感で、過剰に反応してしまうことがある」として、ソーシャルメディアを使用していて否定的な感情を抱くことが増えてきたら、心理療法を試してみることを勧めている。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆