ストレスが多い仕事は不整脈のリスクが1.5倍に! 心臓病の予防にはストレス管理を

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心疾患を予防にはストレス管理が必要

 ただし、この結果は、職業性ストレスが心房細動の原因になることを証明したものではない。

 Fransson氏は慎重な解釈を求めた上で、「心疾患を予防するには、ストレスなどの管理が必要であることが改めて示された。どんな仕事でもストレスを伴うものだが、職業性ストレスは心房細動の修正可能なリスク因子であるかもしれない」と話している。

 この研究報告を受け、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)循環器学教授のGregg Fonarow氏は、専門家の立場から「今後、さらに職業性ストレスと心房細動リスクとの関連を探る必要がある」と指摘している。

 一方で、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)内科学教授のByron Lee氏は、「今回の研究でストレスと心房細動の関係が裏付けられた」として、心房細動患者は可能な限りストレスの軽減に努めるよう助言している。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子