インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第2回:久里浜医療センター・樋口進院長

あなたのスマホ依存がわかる10の質問~来年「ゲーム障害」が正式な病名に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのスマホ依存がわかる10の質問

 家でしかプレイできなかった、かつての家庭用ゲーム機と違って、いつでもどこでもプレイ可能なのがスマホゲーム。そのため、依存の度合いはより深刻だ。ときには、日常生活に深刻な支障をきたす。

 樋口進医師の著書『スマホゲーム依存症』(内外出版社)では、ネット依存が深刻な韓国で作成された「スマートフォン依存スケール」が紹介されている(出所 Kwon M et al.Plos ONE,2013.邦訳:久里浜医療センター)。

 その質問項目は、以下のようなものだ。

①スマホ使用のため、予定していた仕事や勉強ができない。

②スマホ使用のため、(クラスで)課題に取り組んだり、仕事や勉強をしている時に、集中できない。

③スマホを使っていると、手首や首の後ろに痛みを感じる。

④スマホがないと我慢できなくなると思う。

⑤スマホを手にしていないと、イライラしたり、怒りっぽくなる。

⑥スマホを使っていない時でも、スマホのことを考えている。

⑦スマホが毎日の生活にひどく悪影響を及ぼしていても、スマホを使い続けると思う。

⑧TwitterやFacebookで他の人とのやり取りを見逃さないために、スマホを絶えずチェクする。

⑨(使う前に)意図していたよりもスマホを長時間使ってしまう。

⑩周りの人が、自分に対してスマホを使い過ぎていると言う。

 この10の質問に対し、「全く違う=1点」「違う=2点」「どちらかというと違う=3点」「どちらかというとその通り=4点」「その通り=5点」「全くその通り=6点」と点数をつけ、合計が31点以上となった場合は「スマホ依存の疑いあり」と見なされる。

「ゲーム障害」が正式な病名に

 現在、国際的な疾病の診断ガイドライン「ICD-10」には、「ゲーム障害」の項目はなく、「スマホ依存」は「その他の習慣および衝動の障害」という病名をやむをえず当てはめている。

 「ネット依存」という病名が正式に登録されていないため、カウンセリングに保険を適用できないなど、診療上の弊害も多かった。

 そこで樋口院長は国際会議に参加した際、ICDの次回の改訂版「ICD-11」に、ネット依存を入れるべきだと、WHO(世界保健機関)の依存担当官に直談判。

 樋口院長の尽力によって、2019年5月の世界保健総会で採択される「ICD-11」では正式に「ゲーム障害」という疾病名が採択される見込みだという。これにより、スマホ依存に対する治療もより整備されることが期待されている。
(取材・文=里中高志)

樋口進(ひぐち・すすむ)
精神科医。独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター院長。インターネット依存等の行動嗜癖、アルコール関連問題の予防・治療・研究などを専門とする。昭和54年、東北大学医学部卒。米国立保健研究所留学、国立久里浜病院臨床研究部長、同病院副院長などを経て現職。2011年に国内初のネット依存治療専門外来を設立。WHO専門家諮問委員、行動嗜癖に関するWHO会議およびフォーラム議長、厚生労働省アルコール健康障害対策関係者会議会長、同省依存検討会座長(2013年)、国際アルコール医学生物学会(ISBRA)理事長、国際嗜癖医学会(ISAM)理事などを務める。アルコール耐性を簡便に調べることができる「エタノールパッチテスト」の考案者でもある。著書に『スマホゲーム依存症』(内外出版社)、『ネット依存症』(PHP新書)など。

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太