糖質制限のダイエットグルメフェスを開催~ローカーボの世界へようこそ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローカーボで体の不調が改善

 フェスの成功に向けてまい進する藤本さんのこだわりは、自身のローカーボ体験にある。

 「幼少期から身体が弱くてアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症などにずっと悩んでいました。社会人になってからもその症状は続き、ある時、仕事のストレスで体調を大きく崩すことに……」

 その時、知人から「ローカーボ」を勧められて、生活に取り入れた。すると――

 「今まで悩んでいた症状が改善され、慢性疲労も劇的によくなりました。この体験から、ローカーボを多くの人に伝えたいという気持ちが芽生えました」

 そこで、藤本さんはローカーボをさらに学び、親族にも実践させたところ、体調の改善に加えて半年間で18kgのダイエットを実現したという。

 ローカーボの効力を確信した藤本さんは、会社員からローカーボを伝える料理研究家に転身。これまで2000名以上にローカーボのアドバイス、食品メーカーや飲食店のレシピ・メニュー開発などを通じてローカーボの素晴らしさを伝えてきた。

 藤本さんら実行委員会のメンバーは、フェス終了後もイベントの継続をめざしている。ちなみに、資金調達のためのクラウドファンディングも呼びかけたところ、みごと目標額を達成した。

 入場料は無料。おいしく楽しく糖質制限を体験できるこのフェスで、ローカーボの世界をもっと手軽に楽しんでもらいたい。
(文=編集部)

糖質制限のダイエットグルメフェスを開催~ローカーボの世界へようこそ!の画像3

藤本なおよ(ふじもと・なおよ)
ローカーボ料理研究家。幼少期から身体が弱く、さまざまな不定愁訴を「ローカーボ(糖質制限)」の食事で克服。「人の身体と心は食事でできる」ことを伝えたいと思い、2014年、ローカーボ料理教室を開催。これまでに、ローカーボ料理研究家として2000名以上に指導。レシピ提供・企業のレシピ開発・セミナー講師などで活動中。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子