日本初?男性のオナニー実態調査 1週間の頻度は全国平均2.94回

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腟内射精障害の原因の7割は不適切なマスターベーション!

 「初射精のきっかけ」は、年齢が上がるにつれて「夢精」が多く、「マスターベーション」が少ない。初射精の平均年齢は「60代が13.4歳」、「10代が12.4歳」となっている。

 「普段やっているマスターベーションランキングトップ5」は、「手を上下にピストンさせペニスを刺激する」が95.4%、「射精直前に寸止めする」が10.5%、「脚をピンと緊張させる」が8.6%、「ローションを使う」が6.4%、「布団などに擦り付ける」が6.35%。その他、「石鹸を使用」が4.2%、「アナルを使用」が0.8%、「水流をかける」が0.8%、「振動を与える」が4.2%、「風を当てる」が0.6%、「自分でフェラチオ」が0.6%も……

 不適切なマスターベーションにあたるものは、床などにペニスを擦りつける(床オナ)、脚をピンとさせた状態で行う(脚ピン)、強く握り過ぎる(強グリップ)、速く動かし過ぎる(高速ピストン)、水流をかける、振動を与える、など多岐にわたる。

 このような腟内環境とはかけ離れた刺激によるマスターベーションは、「腟内射精障害」の原因の7割に該当するとされる。日本の腟内射精障害の患者数は、約270万人(成人男性の約20人に1人)と推定されている。

 また、不適切なマスターベーションを「普通だ」と思っている人の割合は、「脚をピンとさせた状態で行う(脚ピン)」が68.4%、「床などにペニスを擦りつける(床オナ)」が52.0%、「水流をかける」が60.0%、「振動を与える」が42.9%だった。脚ピンや床オナは、10〜30代の10人に1人以上が行っている。腟の中で射精できない「腟内射精障害」を引き起こす恐れがあり、危険だ。

 気軽に相談する相手は、「いない」が71.1%、「同性の友人1」が9.8%、「恋人や配偶者」が8.8%だった。不適切なマスターベーションを行っている人の多くが「普通だ」と思っていることに一因があるのだろうか。

 コミュニケーションをとらないことが、不適切なマスターベーションを習慣化させ、腟の中で射精できない腟内射精障害につながっているのかもしれない。

 一人で楽しむマスターベーション。その極意は自分がよく知っている。だが、そのリスクも十分注意しておきたい。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆