インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第2回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

処女と童貞で結婚、一度もセックスができない<未完成婚>の原因は……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未完成婚〜処女と童貞のまま結婚して1度もセックスなし

 そして、岡田氏はこう続ける。

 「なかには処女と童貞のまま結婚して、1回もセックスできてないという夫婦もいて、それを『未完成婚』と言ったりします。しかし、そういう夫婦でも、いまは人工授精で子どもをもうけることができます。セックスと生殖を切り離して、『まずは人工的な方法で子作りをしてみては』と勧めるケースもあります」

 まずはバイアグラなどの勃起の補助薬を使ってもいいし、それでもダメならいよいよ人工授精を試してもいい。面白いことに、1人目ができると、2人目はまったく医療の力を借りずに自然にできるケースも結構多いという。

 「1人目が人工授精でできると、2人目は普通にできるんです。安心して<呪縛が解ける>んでしょうね。『2人目できました』と夫婦でお子さんを連れて挨拶に来ますよ。いつの間に作ったのと(笑)」

 「『あのとき、あんなにできなかったのはなんだったんでしょうねえ』と言ったりします。結局、1人目のときには『子どもを作らないといけない』というプレッシャーが強すぎたのかもしれませんね」
(取材・文=里中高志)

岡田弘(おかだ・ひろし)
獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科主任教授。医学博士。1980年、神戸大学医学部医学科卒業。1985年、神戸大学大学院医学研究科博士課程修了。1985年から87年にかけてDepartment of Urology, Department of Microbiology and Immunology, New York Medical Collegeに留学。三木市三木市民病院泌尿器科主任医長、神戸大学医学部助教授、帝京大学医学部泌尿器科助教授を経て現職。著書に『男を維持する「精子力」』(ブックマン社)がある。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆