特集「女性の膣を考える」

「閉経したらオンナでなくなる……」は少数派~世界のセックス事情は「老いてなお盛ん」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「避妊の手間からの解放」と閉経をポジティブにとらえる

 日本の女性たちは、「月経」「閉経」といった女性特有の生理現象に対して、マイナスイメージを抱いていないだろうか。月経は面倒くさいものであり、閉経に対しては「女じゃなくなる」とネガティブにとらえている意見もネット上では散見する。

 こうしたマイナスイメージは、日本だけのようだ。津田塾大学の三砂ちづる教授の著書『オニババ化する女たち』(光文社新書)によれば、ブラジルアマゾンに住む先住民族は、女性は閉経すると「これでもう妊娠しないから、気にせず性生活を楽しめる」と喜ぶそうだ。

 同じ傾向が欧米人にも見られ、「避妊の手間からの解放」「もっと自由に性生活を楽しめる」とポジティブにとらえると世界的な栄養のコンサルタント、エリカ・アンギャルさんもインタビューで語っている(https://joshi-spa.jp/785741)。

 こうした性文化の違いが、性生活にも反映されているのだろう。

 加えて、日本には「女性が性欲を持つのは恥ずかしいことだ」という偏見もある。 性欲は、睡眠欲と食欲とともに人間の3大欲求とされているが、女性は性欲を肯定しにくかったことから、性生活を楽しめないのかもしれない。

 「高齢になれば性欲が減退することが、自然の流れである」といった見方はあるものの、人生100年時代が来つつある中で、女性が閉経を迎える45~55歳で性生活をストップさせるのは寂しいことではないだろうか。

 これまで当サイトで紹介した骨盤底筋トレーニング(「膣のゆるみ=老化のせい? 「骨盤底筋」を鍛えると<膣が若返る>」)は、性機能アップだけでなく尿失禁や骨盤臓器脱を防ぐ効果もある。

 「オンナ」であり続けようと心がけることが、健康維持にも役立つ。だから日本人の女性たちも「年齢を重ねても女として楽しめるし、閉経すればもっと性生活が自由になる」と意識を変えるのはどうだろうか。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆