連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第42回

睡眠薬や危険ドラッグなどの「デートレイプドラッグ」による性犯罪に注意を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「デートレイプドラッグ」の特性と悪用された際の対処法

 次に「デートレイプドラッグ」の特性と悪用された際の対処法について説明しよう。

 体に力が入りにくい、眠気、記憶が薄れる、危険に対して無防備になるなどの症状が出現した時は、要注意である。最近はこれらの危険薬では、アルコールなどの飲み物に混入されると、青色に変色し、危険信号を発するように工夫されている薬剤もあるので、あらかじめその事実を認識することも必要であろう。

 悪用された際の対応は、ただちに警察や支援団体に連絡すること(注2)。医療機関を受診して、薬剤の使用を証明するために、採血と採尿を受けること。

 そして、そのような被害にあわないために重要なことは、インターネットなどで「デートレイプドラッグ」の存在や危険性を認識する必要があろう。 

注1:ラッシュ(RUSH):亜硝酸エステルが主成分の薬剤。以前は狭心症治療薬として医療用に使用されていた。血圧低下、拍動強化作用がある。吸引して使用する。数十秒間の酩酊感覚が生じる。我が国では市販されていないが、違法に出回っている。インターネットでの購入も可能。国際郵便で輸入しようとして、摘発されたケースもあった。2010年頃に我が国では「危険ドラッグ(吸入薬)」として代表的地位を占めた。
 
注2:性暴力の被害者のための支援機関や「デートレイプドラッグ」関連の支援団体は全国に45か所存在する。そこでは主に、医療支援、心理カウンセリング、警察などとの捜査手続きなどの便宜を取り扱ってくれる。運営団体は民間のものや地方公共団体が開設したものも。なお性被害に関しての相談窓口として、警察の全国共通ダイアルは「#8103」となっている。


連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」バックナンバー

横山隆(よこやま・たかし)

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆の記事一覧

横山隆
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇