東洋医学で毎日の不調を乗り切る

せきが止まらない!薬を飲まずにせきをうまく鎮める方法とは

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
せきが止まらない!薬を飲まずにせきをうまく鎮める方法とはの画像1

体力を消耗する風邪のせき

 風邪の症状の中でも、いちばん長引きやすく、他人にも迷惑をかけてしまうのは、なんといってもせきです。乾いたせき、痰がからんだようなせき、むせ返るようなせきなど、いろいろなタイプがありますが、いずれの場合も早めに治しておくことが大切。こじらせると、気管支や肺まで炎症が進んだり、何か月もせきが残ってしまう可能性があるからです。

激しいせきが出るとき

 大きなせきが連続して出る/白っぽい痰が出る/汗が出にくい/のどは渇かない。
防衛反応としてのこのようなせきは、無理に止めないことです。

 せきは、風邪のウイルスによって、肺の機能が乱されて起こる症状です。ただ、ゴホンゴホンと大きなせきが連続して出る場合は、体が一生懸命風邪と戦っている証拠。体内からウイルスを追い出して、肺の機能を回復しようとする、防衛反応のせきなのです。
 
 そのため、こういうタイプのせきを無理に止めてしまうと、かえって風邪をこじらせることになります。ゆっくり眠って、体の抵抗力を高めることがなにより大切。食べ物も、発汗作用のあるショウガやネギ入りのおかゆなどがいいでしょう。たくさん食べすぎたり、生ものや冷たいもの、脂っこいものなどを食べてしまうと、消化吸収の作業に手間とって、体によけいな負担をかけることになります。

痰がからんでせきが出るとき

 痰がからんだような重く濁ったせきが出る/白く粘った痰が大量に出る/舌に白い苔がべったりとついている。こんなせきが止まらないときは、痰をとる作用をもつ、陳皮(ちんぴ)や杏仁がおすすめです。
 
 風邪をひいて2~3日たつと、痰が異常に増えて、のどにからみ、吐き出そうとするとせき込んでしまうことがあります。これは、肺の機能が乱されたために痰が発生し、その痰がまた肺の機能をじゃましている、という悪循環が起きている状態です。
 
 この場合、痰がとれればせきも落ち着くので、陳皮や杏仁のように、痰をとる食べ物がおすすめです。杏仁はアンズの種のことで、杏仁豆腐に使われていることで有名。ただ、市販の杏仁豆腐は、杏仁が入っていないものも多いので、よく確かめたほうがいいでしょう。陳皮は、せき止め効果のある梅干と合わせて、ごはんのおかずやおかゆのトッピングに。

乾いたせきが続いているとき

 コホンコホンと乾いた感じのせきかなかなかとれない/痰は黄色く、少なめ/唇やのどか乾燥している/鼻がつまる。対策としては、大根、はちみつ、梨、ウド、ゴボウなどがお勧めです。
 
 秋や冬など、乾燥した季節に多いせきです。なかなかおさまらないことが多く、長引くと痰に血が混じったり、鼻粘膜が乾燥して鼻血が出ることもあります。
 
 このせきが出るときは、鼻やのどだけでなく、肺までもが乾燥して熱をもった状態になっているので、適度に潤し、炎症を鎮める食べ物が適しています。たとえば、梨。ジャムのように煮詰めたものが特に効果的といわれています。また、せき込むとのどが痛むようなときには、大根がおすすめ。薄味で煮たり、お米と一緒に大根がゆなどにして食べるといいでしょう。また、大根を1cm角に切ってはちみつに漬け、数時間おいて汁を飲むという方法も。生のはちみつには、肺を潤しながら炎症を抑える作用があります。
 
 このほか、ゴボウやフキには、痰をすっきり出し、肺を潤す作用があります。なお、調理するときは、淡泊な味付けにするのがポイント。濃い味や辛い味は、炎症や乾燥をひどくしてしまう原因になるからです。
(文=編集部、監修=呉澤森/呉迎上海第一治療院院長)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆