シリーズ「AIと医療イノベーション」第22回

遠隔診療の解禁で「スマートスピーカー」と「病気診断支援システム」のコラボが可能に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートスピーカーと病気診断支援システムのコラボレーション

 少し長い前置きになった。「音声AIのスマートスピーカーを活用する音声分析サービス」と「病気診断支援システム」のコラボレーションが実現したらどうだろう? スマートスピーカーは、無線通信接続機能と音声再生のアシスタント機能を合わせ持つ。つまり、Wi-Fi、Bluetoothや他の規格を使用すれば、医療分野でも活用できる。

 たとえば、日立システムズは、声帯の変化(不随意反応)を分析し、スマホの音声データから心の状態を「見える化」する未病音声分析技術のMIMOSYS(ミモシス)を利用する「音声こころ分析サービス」を開発した。大脳辺縁系は、声帯と直接つながっているので、自分ではコントロールできない声帯の変化を分析すれば、心の状態を「見える化」できることから、病気の早期予防や治療に寄与できる。

 システムの流れはこうなる――。患者がふとつぶやいた「喉が痛い」「頭がふらふらする」「お腹がゆるい」などのリアルな音声データをスマートスピーカーが読み取り、記録する→音声データをクラウドに蓄積した膨大なデータと突き合わせる→「音声こころ分析サービス」が音声データを分析する→患者別の音声データの変化を蓄積する→AIが音声データの変化(強弱、高低、ペース、リフレイン、音色)や推移を推論し、診断する→スマートスピーカーが音声データに基づいた最適な診療方針をアウトプットし、インフォームド・コンセントも行う→最適な予防処置や治療がスタートする。

 このような夢のような診療システムが実現するだろうか? 日経CNBCの報道によれば、Amazonは秘密のヘルスケア技術チームを設置し、電子カルテ、バーチャル往診、「Amazon Echo」などのデバイス向け健康関連アプリケーションの立ち上げに取り組んでいる。

 これこそ、人間の言語コミュニケーションを超えたナラティブ(語り口やニュアンスを活かした)インターフェース! 音声AIのスマートスピーカーがめざす究極のスタイルかもしれない。

 このような「夢のような夢でない夢」がかなえば、不治の病の克服も、決して夢でなくなる。AIの見つめる未来。それは、人類のイマジネーションを遥かに凌駕し、超越しているのだろうか? 今、そこにある未来。人に寄り添い、気遣い、気づかせる。人類とAIのミッションは変わらない。
(文=佐藤博)

佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「AIと医療イノベーション」バックナンバー

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇