インタビュー「うつ病の予防は『健康なときに耐性をつける』」第2回:西大輔医師(国立精神神経医療研究センター精神保健研究所精神保健計画研究部システム開発研究室長)

食事が「今日の気分」をつくる~「カラダが求める栄養素」でうつ予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<セルフモニタリング>どんな食事が今の気分をつくったか?

 とはいっても、特に男性の一人暮らしでは、普段から栄養にまで気を配るのが難しい場合もあるだろう。そんな人に向けて、西医師は食生活のセルフモニタリングを提案する。

 「魚を食べて揚げ物を控えるのはいいことですが、ときどき唐揚げを食べるくらい構わない。魚を食べることにこだわりすぎるのではなく、食事と気分の関係を<セルフモニタリング>することが大切です」

 「食べたものの栄養素だけではなくて<食べた量><食べる速さ><お酒の飲み方>などを振り返ってみるのです。たとえば、お腹が減っていないのに、イライラや不安を紛らわせるためにたくさん食べて、食べることで満足感を得るというパターンを持っている人は比較的多い」

 「食事がどのように気分に影響しているかに目を向けていくと、自分にとっての<いい食生活>が経験からわかるようになるでしょう。理想的なのは、<カラダがいま何を求めているか>を自然に感じとって食事できる生活ですね」

 本当にカラダが必要としている栄養素、食事に気づく感覚を取り戻していくことが、うつの予防にもつながっていくのだ。
(取材・文=里中高志)


西大輔(にし・だいすけ)
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神保健計画研究部システム開発研究室長。2000年、九州大学医学部卒。国立病院機構災害医療センター精神科科長を経て2012年より現職。2016年より東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻精神保健政策学分野連携講座准教授を併任。著書に『うつ病にならない鉄則』(マガジンハウス)がある。専門:精神保健学、うつ病・PTSDの予防、栄養精神医学、産業精神保健、レジリエンス。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆