歯磨き「食後1日3回」は世界の中では少数派? 回数より「歯の磨き方」が問題

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯磨き「食後1日3回」は世界の中では少数派? 回数より「歯の磨き方」が問題の画像1

歯磨きは「回数」より「歯の磨き方」のほうが重要(depositphotos.com)

 食後30分は歯を磨かないほうがいい……。この「食後の歯磨きNG」説が広まったきっかけは、2010年9月に放送されたテレビの健康番組だった。

 「食後の歯磨きNG」説で衝撃を受けた人は少なくないだろう。長年にわたって「毎食後3分以内に3分間、1日3回歯を磨こう」と、教育機関などで歯磨きが指導されてきたからだ。

 歯科医の間でも見解が異なる「食後の歯磨きNG」説。賛成か反対か? あるいはもっと重要なことがほかにあるのか? それを検討してみよう。

歯磨きの目的は「歯垢を作り出す細菌の除去」

 世界を見回すと「1日3回の歯磨き」を推奨する国は珍しいようだ。

 まず、アメリカ歯科医師会(ADA)が1日2回歯を磨くことを奨励している。そして、ヨーロッパで行われた口腔衛生状態に関する調査では、1日の歯磨き回数を、2回、1回、1回未満から選択するようになっていた。つまり「3回磨く」という選択肢自体がなかったのである。

 では、なぜ日本では「3回の食事の後」で歯を磨く指導がされてきたのだろうか?

 これは1963年に、日本歯磨工業会(当時は西日本歯磨工業会と東日本歯磨工業会に分かれていた)が「毎食後3分以内に3分間、1日3回歯を磨こう」というスローガンを提唱したことで広まったようだ。要するに、歯ブラシや歯磨き粉を製造している業界のキャンペーンだったのだ。

 歴史を振り返ると、食べかすは「つまようじ」や「針」のようなもので取り除いていた。その流れで欧米では食後に「フロス」が使われるのが主流なのだ。そして歯磨きの主な目的は「プラークコントロール」、つまり「歯垢」を作り出す細菌「ミュータンス菌」を取り除くことだ。

 ミュータンス菌は「だ液」で洗い流される。しかし、就寝中にだ液の分泌量が減る。そのため、ミュータンス菌が1日の中で最も多いのは「起床時」なのだ。朝起きたときの口臭やネバネバは、ミュータンス菌が増殖している証拠。

 ミュータンス菌を取り除くために、欧米では「起床時に歯を磨く習慣」がある。ヘルスプレスでも、たびたび起床時の歯磨きの重要性について取り上げてきた。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆